幕末 明治 日清 日露

【米国】T・ルーズベルト大統領の手紙が発見…日本陸軍高評価の報告書に「興味深い」 日露戦争で

1: 名無し 2008/03/12(水) 20:03:00 ID:???0
日露戦争中にセオドア・ルーズベルト米大統領が知日派の友人に送った手紙が、米国ボストンで発見された。
手紙には日本陸軍の旅順攻囲戦に従軍した米国人記者の戦況報告書が添付されていた。

ルーズベルトは、日本陸軍の戦いぶりを高く評価する報告書を「とても興味深い」と友人に紹介している。
日本に好意的だったルーズベルトを知る歴史的資料として、専門家から注目を集めている。

手紙は1905年1月9日付で自筆のサイン入り。
米富豪でボストン美術館の浮世絵コレクション収集にも貢献したウィリアム・ビゲローにあてられたもので、ビゲローの知人が所有していた。ルーズベルトは知日家のビゲローと日本について意見を交換していたとみられる。

手紙に添付されていた報告書は、米雑誌の戦争特派員、ジョージ・ケナンが1904年末、旅順攻囲戦を展開中だった日本陸軍について分析したもの。
ケナンは砲弾が飛び交う戦線を取材し、日本陸軍の砲撃の命中精度の高さを克明に描写。
日本軍は訓練に多額の予算をかけているとして、「私が目にしている光景を米議員らが見れば、陸海軍の組織的かつ継続的な砲撃訓練に予算を出し渋ることはないだろう」などと記している。

また、日本陸軍が旅順を攻略すると予想し、「彼らを止めるものは何もない」と断言。軍人の忍耐強さや勇敢さについても、「決死隊を組む際に志願者を2回募る必要はない」などと称賛している。
ルーズベルトは手紙のなかで、自らも前夜に日本海軍の将校と会談したことを伝え、「海上における日本の危機は去ったようだ」と戦況を分析している。

2: 名無し 2008/03/12(水) 20:03:13 ID:???0
ケナンに詳しい英国人研究者の井上ラウラさんは、「ケナンはルーズベルトと文書をやり取りしていたが、この報告書は初めて見る」とし、「旅順での戦い方が詳しく書かれ、とても面白い内容。(手紙からは)ルーズベルトがケナンの文書を高く評価していたことが分かる。ケナンの記事を多くの有権者が信じたことも、大統領がこの報告書を重視した一因だろう」と話している。

6: 名無し 2008/03/12(水) 20:05:25
手紙を発見

手紙が何を発見したのか。

27: 名無し 2008/03/12(水) 20:13:41
>>6
手紙は目的語だろ、主語じゃねぇよ

34: 名無し 2008/03/12(水) 20:21:47
>>27
え?
「手紙を発見」だと100人中99人は
「手紙が何を発見した」と受け取ると思うよ。

58: 名無し 2008/03/12(水) 20:36:02
>>34
◎手紙が発見した→あんたの言う通り
◎手紙を発見した→普通とおもうのだが・・・
 
「~した」にすると判る?

28: 名無し 2008/03/12(水) 20:15:29
排日移民法や白色艦隊を日本に派遣して恫喝したのもルーズベルトなんだが?

なぜか歴史教科書には出てこない。

32: 名無し 2008/03/12(水) 20:19:23
>>28
ヒント 旧教育基本法 1947年~2006年

29: 名無し 2008/03/12(水) 20:16:36
WW2頃の日本軍の評価は散々だけどな。
曰く、「精神性を強調するばかりで論理も何も無い」
「同じ失敗を『しつこい』と怒鳴りたくなる程に繰り返す。歴史はおろか、経験から何も学ばない」

30: 名無し 2008/03/12(水) 20:18:00
>>29
兜の緒を締めなかったからだな

36: 名無し 2008/03/12(水) 20:22:00
>>29
元老全盛時代と昭和を比べるのがそもそもの間違い
山縣有朋や伊藤博文が生きてるこの時代は軍のコントロールは完璧な上に天皇は言わば象徴として機能しているに
過ぎない状態、グダグダになるのは元老が死んで影響力が無くなって行く段階での話だ

45: 名無し 2008/03/12(水) 20:28:01
>>29
日露戦争で勝っちゃって調子に乗って
精神主義と突撃重視兵站無視に凝り固まった結果なんだよ。
>太平洋戦争陸軍

116: 名無し 2008/03/12(水) 23:58:50
>>45
日本人は長年同じ民族同士で戦争してたから捕虜になったら観念するって感覚がある。

その感覚でロシア軍に捕虜になった奴がペラペラと味方の情報を垂れ流しにした。

その反省から太平洋戦争では「生きて虜囚の辱めを受けず」との擦り込みがなされた。

それから日露戦争までは明治維新の英雄が生きてたので兵器の質や物量の重要性を理解してた。

しかし日露戦争でロシア軍の特攻肉弾戦法に苦しめられた記憶は日露戦争時に若手だった将校連中の記憶に残り、そしてその将校たちが権力を握った時に「肉弾戦法こそ最強!」みたいなアホな軍隊になってしまった。

49: 名無し 2008/03/12(水) 20:30:11
突撃重視はどこの国も一緒。
第一次世界大戦を見りゃわかる。
変わったのは、それ以後だ。

60: 名無し 2008/03/12(水) 20:38:05
>>49

日本陸軍が悪かったのは第一次大戦の戦訓から
何も学ばなかったこと。
欧州戦線は遠すぎて他人事だったんだな。

さらにノモンハン事変で対ソ陸戦で
ボロボロになったのにもかかわらず
その戦訓も考慮せず方向性をまったく変えなかった。

結局兵士もも装備も兵站も第一次大戦以下レベルで
第二次大戦に突入してしまった。

まぁもうひとつの要因は古来からの戦略が
対ソビエト陸戦重視だったのにもかかわらず、
対米英南方作戦にいきなり戦略変更させられて
状況に対応できなかったというのもあるけどな。

91: 名無し 2008/03/12(水) 21:36:18
>>60
戦術面ではかなり戦訓を取り入れようとしてるけどな。
まあ同じ戦場から得られる戦訓が同一とは限らんが。

70: 名無し 2008/03/12(水) 20:53:23
セオドアも共和党だったな。日本が日露戦争に勝利したのは、この人の支援も
大きかったとか。

72: 名無し 2008/03/12(水) 20:56:19
>>70
資金提供はジェイコブ・シフ
その為にハリマン覚書からオレンジ計画→日米開戦へと繋がる

82: 名無し 2008/03/12(水) 21:16:10
アジアに日本と同じ志の国がもう一つあれば
歴史も変わっていただろうなぁ。

87: 名無し 2008/03/12(水) 21:23:45
>>82
アジアを同胞と考えるのがそもそもの誤謬
列強の勢力を排除して唯一の敵になっただけの話だ。

90: 名無し 2008/03/12(水) 21:26:50
ルーズベルトが義勇兵部隊を率いて戦った米西戦争のキューバの戦いを、
観戦武官として後の陸軍大将柴五郎が見ていた。
制服も満足に揃っておらず、裸足の兵隊も居た。
スペイン軍の陣地に向かって漫然と正面攻撃を繰り返しては失敗する日々がだらだらと続いた。
米陸軍に近代戦の戦術を知る者は皆無のようであった。
欧州の武官たちも米陸軍のあまりのレベルの低さに呆れ返っていたという。

92: 名無し 2008/03/12(水) 21:37:44
>>90
この時のアメリカ陸軍の戦いぶりを見て
米兵は中国兵より弱しという伝説が日本軍人の中にうまれたそうな。
その伝説がようやく消えたのはガダルカナルの戦いからだった。

99: 名無し 2008/03/12(水) 21:57:21
>>92
南北戦争なんか酷すぎだね
死にすぎだろと思うわ

93: 名無し 2008/03/12(水) 21:45:05
物質面では負けているが、精神面では負けていない

明治の欧米使節団もこんな事言ってたな

97: 名無し 2008/03/12(水) 21:50:51
>>93
そりゃあ全て負けてます、なんて言ったら出世できないからなー

101: 名無し 2008/03/12(水) 22:01:06
日清戦争、日露戦争

そして、インパール作戦まで、名将はキラ星の如くなり

108: 名無し 2008/03/12(水) 22:57:41
>>101
米軍に他国の軍の評価をさせたら
どこ(のどの時代)の軍が一番なのかなぁ?
脅威のだ度合いでもいいけど。

実質敗戦したベトナム軍かな?
唯一の米本土爆撃国の大日本帝国軍かなw

110: 名無し 2008/03/12(水) 23:08:43
>>108
アメリカ人が尊敬しているのはやっぱり、ドイツ軍じゃないの

112: 名無し 2008/03/12(水) 23:46:17
>>108
硫黄島で闘った奴等とかどうかなあ

113: 名無し 2008/03/12(水) 23:49:54
>>108
イギリスだろ。
WW2=大英帝国の凋落まで、アメリカの一番の仮想敵国はイギリスだったんだぜ。

151: 名無し 2008/03/13(木) 07:07:04
セオドアだからSじゃないのか?

152: 名無し 2008/03/13(木) 07:08:30
>>151
TだTしっかりしてくれ

156: 名無し 2008/03/13(木) 08:30:30
第一次大戦までは米軍なんぞ弱カス扱いだったからな。
米軍参戦が決まったあと、英仏は「物資と弾薬だけ運んでくれればいいから。軍隊ノーサンキュー」と言ったが、
メリケンは「おい米軍なめんなコラ!」つって無理やり欧州に送り込んだ。
それで評価が一変したわけだ。

168: 名無し 2008/03/13(木) 11:09:35
>>156
兵站に関しては、何処の軍より物凄い物を持っているからな

191: 名無し 2008/03/14(金) 01:58:37
セオドア・ルーズベルトは日魯戦争での日本軍の戦いぶりに感銘を受け、当時の米軍制式小銃スプリングフィールドM1903のロッド型銃剣を日本の三十年式銃剣の様な剣型にわざわざ変えさせた。
まめちしきな。

-幕末 明治 日清 日露
-

© 2021 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5