世界史総合

康熙帝・ピョートル大帝・ルイ14世が居た17世紀

1: 名無し 2012/12/23(日) 22:55:01.09 0
こんな有名な奴が東西に同じ時代に活躍してたなんてロマンを感じる

2: 名無し 2012/12/23(日) 22:55:34.70 0
ちなみに吉宗も同じ時期

10: 名無し 2012/12/24(月) 22:18:04.87 0
>>2
ルイ14世の没した翌年に、吉宗が将軍になっていますね。
他二人とは何とか数年かぶる。
吉宗は間違いなく名君。

12: 名無し 2012/12/25(火) 00:05:41.99 O
>>10
康熙帝はなんで日本攻めなかったんだろう?
元冠の失敗が響いたのかね
最強だったモンゴル帝国が敗れた事が

14: 名無し 2012/12/25(火) 20:23:19.50 0
>>12
密偵に長崎まで偵察させて危険性がないと判断した筈。
洪武帝が定めた不征の十五カ国の中に日本も含まれていますが、日本だけと
いうわけではなし、怖れてという訳ではないでしょうね。

>最強だったモンゴル帝国が敗れた事が
大越・占城にも失敗していますし、マジャパヒト朝にも一時苦渋を味わされ
ていますから、最強というわけでもないような。
そもそも、日本までわざわざ遠征しようという中華王朝が珍しい。

51: 名無し 2013/01/31(木) 21:12:59.77 0
>>14
明の永楽帝は日本遠征しようとしてるでしょ。
で、最強だったモンゴル帝国が敗れた事が響いて断念してる。
永楽帝はベトナムにもジャワにも軍を送ってる訳で、あきらかに元寇の敗北をそういうのとは違うって
認識してたってことだよね。

3: 名無し 2012/12/23(日) 23:59:34.33 O
この時代は更にすごい

プロシア:フリードリヒ2世(大王)→フリードリヒ・ヴィルヘルム2世
オーストリア:マリア・テレジア女帝→ヨーゼフ2世→レオポルト2世
ロシア:エカテリーナ女帝
スウェーデン:グスタフ3世
イギリス:ジョージ3世&小ピット
フランス:ルイ16世(笑)
中国:乾隆帝(十全武功)
日本:松平定信

10: 名無し 2012/12/24(月) 22:18:04.87 0
>>3
ルイ16世の場合、笑われるほど悪くはないと思いますが。
失言で処刑されない、髭を切られない、娼婦をしょっぴかれない、愛人がいない、焚書しない、贅沢禁止しない、兵隊候補を拉致しない、目をえぐらない、宗教弾圧しない。
と、これは君主としての有能さとは別か。しかし、何故この面子で光海君。

定信が入るのなら、意次も。

5: 名無し 2012/12/24(月) 01:35:53.56 0
十全武功も
半分は笑いがつくな

6: 名無し 2012/12/24(月) 10:55:45.84 P
乾隆帝は十全老人なんて自称したのが欠点だな
これさえ無きゃ完璧だったのに

13: 名無し 2012/12/25(火) 12:07:25.24 0
スレタイ
18世紀のがよかったんじゃないの

20: 名無し 2012/12/29(土) 12:33:28.31 O
>>13
18世紀じゃ西洋無双すぎるだろ
バランス取れてた17世紀こそ至高

21: 名無し 2013/01/02(水) 01:49:09.09 O
>>20
アジアはせいぜい林束徐ぐらいだもんな

4: 名無し 2012/12/24(月) 01:04:06.57 0
日本は普通に家康・家光じゃね?

朝鮮:光海君
タイ:ナーラーイ王
ムガール帝国:アウラングゼーブ
サファヴィー朝:アッバース1世
トルコ:大宰相キョプリュリュ・アフメト・パシャ
ポーラント:ヤン3世ソビェスキ

23: 名無し 2013/01/02(水) 21:04:44.07 0
家康・家光の時代のポーランドはヤン3世ソビエスキじゃないよ。
1.ヤン・ザモイスキ
2.スタニスワフ・ジュウキェフスキ
3.スタニスワフ・コニェツポルスキ
という三大名将の時代。
また、1は活躍した大半が16世紀になってしまうがヨーロッパ史上でも稀代の大宰相だった。

24: 名無し 2013/01/02(水) 21:37:24.70 0
家康・秀忠はともかく、家光なんて家臣(前半は土井利勝・坂井忠世、後半は松平信綱・阿部忠秋)に恵まれたのと、比較的早死にしたのがよかっただけで、本人はただの派手好きの浪費家だろ。

22: 名無し 2013/01/02(水) 20:57:27.71 O
乾隆帝は清朝の中でも最高の君主と言われている
その理由は最大版図を築いたから。

林則除は当日西洋と東洋の国力差は歴然としていたのに
無謀にもアヘン戦争を引き起こし亡国の礎を築いたので国賊扱いされても仕方ない人物。

25: 名無し 2013/01/02(水) 23:41:42.66 O
>>22
じゃあアヘンをどうやって処理すればいいんだよ
林則除の仕事は内政を立て直す事
イギリスの言いように阿片輸入しまくってたら遅かれ早かれ戦争は起こったよ
それに阿片戦争で取られたのはわずかな領土

26: 名無し 2013/01/02(水) 23:45:23.17 O
林則除を批難するのは尖閣諸島を渡して外国の機嫌とろうとしてるようなもんだろ
大体阿片取り締まっても滅亡
阿片放置しても滅亡なんだからさあ

27: 名無し 2013/01/04(金) 10:54:19.23 O
林則徐は今日的な意味で成功した政治家ではない。
自らは国民の健康を慮り、阿片に反対したが、皇帝の排外主義に追随し、むしろ銀流出防止が主眼の阿片消毀を実行した。

そして、英国が武力をもって反抗すると、清国軍は一たまりも無く敗北した。
則徐の外政への視野は狭く、戦争の原因をつくり、結果として中国を敗亡に追いやったのである。

29: 名無し 2013/01/08(火) 01:49:56.25 O
>>27
阿片燃やした方がさっさと銀の流出止められるでしょ
優れた政策だよ
それとも阿片燃やす以外に銀の流出止められるの?

30: 名無し 2013/01/16(水) 17:46:14.70 O
アヘンの関税を大幅に引き上げる

国内においては高額のアヘン税を掛けてアヘン吸引者を減らす

アヘンの貿易を公認するバーターとして上2つを実施すれば
アヘンの貿易量は減るので銀の流出を最小限に減らすことが出来た
それで清は輸出超過国のままでいられる
稼いだ外貨で軍備を近代化してその上でアヘン貿易をストップすれば良かったんだよ

32: 名無し 2013/01/22(火) 17:21:00.08 O
>>30
それじゃ時間かかりすぎるでしょ
つか台湾のパクリだし……
あの頃の清にそんな悠長な事できる余裕があると?
机上の空論だよ

31: 名無し 2013/01/16(水) 17:55:14.85 0
>>30
イギリス側の大義名分が途中からアヘンの賠償じゃなくて
自由貿易の正当性に変ってるアヘン戦争でそれやったらもっと酷いことになんぞ

34: 名無し 2013/01/24(木) 23:27:39.59 O
しかしまあ、アヘン戦争において
イギリス議会は僅差で開戦を承認したのは有名な話だろう
もっと穏健な手段を選んでいたら議会を動かせなかった可能性は高い
イギリス側からすりゃ一度戦争を始めたなら利益を取る必要があるのは当たり前な話だ

ていうか根本的に、世界情勢を見越した外交的判断というより
中国しか見えていない独りよがりの判断だよね
イギリス以外の列国は比較的従順だったんだから
そっち経由でイギリスに圧力をかける手段もあった

アヘン戦争自体、もう少し綺麗なやり方で敗北してりゃあまともな講和が結べた
そしてアヘン戦争で結んだ条約をまともに守ってりゃアロー戦争はおそらく起きなかった

35: 名無し 2013/01/25(金) 09:01:34.26 O
林則徐はイギリス相手に戦争して本気で勝てると思っていたのか?
清の砲台には1600年代初頭の大砲が並んでいたというぞ

36: 名無し 2013/01/26(土) 16:11:47.27 0
17世紀前半
・欧州 
シェイクスピア、フランシス・ベーコン、ホッブズ、クロムウェル、ミルトン、 ケプラー、ヴァレンシュタイン、グスタフ・アドルフ、リシュリュー、デカルト、パスカル、グロティウス

・アジア 
ジャハーンギール、ヌルハチ、ホンタイジ、ドルゴン、李自成、鄭成功
徳川家康・秀忠・家光、伊達政宗、本阿弥光悦

17世紀後半
・欧州 
ニュートン、ライプニッツ、フリードリヒ・ヴィルヘルム、ルイ14世、スピノザ、ヤン3世、ピョートル1世

・アジア 
アウラングゼーブ、シヴァージー、康熙帝
徳川家綱・綱吉、井原西鶴、松尾芭蕉、尾形光琳

40: 名無し 2013/01/27(日) 23:10:48.94 0
>>36
本阿弥が入るのなら、長谷川等伯、海北友松、俵屋宗達も要るでしょう。
岩佐又兵衛は……まあいいか。
そして極めつけに狩野探幽。安信もあの人なりにいいと思います。
17世紀後半に久隅守景を入れたくもありますが、あの人はよく分かりません。

37: 名無し 2013/01/27(日) 13:59:05.01 0
ピョートル最強だな。康熙帝が一番劣るな。

39: 名無し 2013/01/27(日) 20:18:11.38 0
康熙帝はピョートル大帝に戦争で勝って清に有利なネルチンスク条約を締結したんだけどな

41: 名無し 2013/01/28(月) 22:40:21.69 0
>>39
ハバロフ率いる100人ほどのコサックに数万の軍勢を動員して大苦戦したあれですかww

42: 名無し 2013/01/29(火) 00:09:38.88 0
籠城戦は、基本、立て籠もってる方が有利。
越後の軍神も関東の兵を総動員しても小田原城を落とせなかった。

49: 名無し 2013/01/30(水) 19:21:38.85 0
ポルタヴァで名将カール12世を粉砕したピョートル大帝が本気になれば
康熙帝なんか鎧袖一触だろうな。
ハバロフのコサック100人しか派遣されなかったから助かっただけ

50: 名無し 2013/01/30(水) 19:41:35.13 0
スウェーデン王カール12世。
北方戦争で勝利をかさねていた。
ポルタヴァでは負けたが、指揮は執っておらず
実際指揮してたのはレーンスケルド元帥。

53: 名無し 2013/02/02(土) 12:14:47.79 0
>>50
ピョートルの作戦勝ちだよな。

18: 名無し 2012/12/26(水) 02:51:02.05 O
16世紀
エリザベス女王
チェーザレ・ボルジア
カール五世
マウリッツ
イヴァン雷帝
スレイマン大帝
バーブル
アクバル大帝
ヌルハチ

織田信長
豊臣秀吉
徳川家康

コルテス
ピサロ

43: 名無し 2013/01/29(火) 11:35:17.68 O
個人的には
スレイマン大帝とフェリペ二世が対峙した16半ばに惹かれる。
まあ余談ですが。

44: 名無し 2013/01/29(火) 13:15:21.34 0
スレイマンと対比するならフェリペ2世よりカール5世じゃなかろうか。

60: 名無し 2013/02/24(日) 04:16:34.77 0
乾隆帝と康熙帝が持ち上げられて雍正帝が抜けてるのが切ない(´;ω;`)
負けず劣らずの超有能皇帝なのに…

61: 名無し 2013/02/24(日) 11:12:52.44 0
負けず劣らず?

在位年数短いけどその3人の中ではぶっちぎりに有能じゃね?

62: 名無し 2013/02/24(日) 15:08:34.79 0
ヌルハチ、イヴァン4世、フランソワ1世、カール5世、秀吉、ヘンリー8世、スレイマン
がいた16世紀の方が綺羅星のごとくダナ

66: 名無し 2013/03/13(水) 08:45:26.30 O
>>62
16世紀はアジアとヨーロッパが刺激しあって無いから意味ないわ

69: 名無し 2013/09/17(火) 23:37:18.65 0
ピョートルは身長220センチで銀のさらを自力でくしゃくしゃに曲げる怪力なのがすごい
直接対決したらルイも康熙帝も敵わないだろう

72: 名無し 2013/09/20(金) 16:26:34.69 O
>>69
弓を執らせれば康熙帝が最強かと。

74: 名無し 2013/09/20(金) 21:12:52.60 0
>>72
ハンマーで潰されそうだ。
バルトや琴欧洲よりでかいやつが襲ってくるんだぜ

77: 名無し 2013/09/21(土) 12:57:20.54 i
>>74
それって、どういう設定で戦うかにもよって違ってくるだろ
近接戦闘だったらピョートルの方が有利だけど、馬上の一騎打ちで
武器の選択自由だったら弓の名手の康熙帝の方が有利だろ

70: 名無し 2013/09/18(水) 00:06:59.90 0
おおっと、ここで馬鹿力で有名なザクセン選帝侯にしてポーランド国王、アウグスト強王が乱入だぁ
腕力も強けりゃアッチも強い、私生児350人オーバーのその馬力!
戦争にゃ負けたが力比べなら負けないぞ、ピョートル大帝へのリベンジに燃える漢、堂々の登場ゥ!

71: 名無し 2013/09/20(金) 15:33:54.96 0
この時代この三人を主題にした小説とかあったら面白そうだな

78: 名無し 2013/09/22(日) 10:47:14.41 O
ルイ十四世は蚊帳の外ですかぁ

79: 名無し 2013/09/22(日) 16:15:20.37 i
>>78
直接戦闘では、ルイ14世は話にならないだろうね
統治者として見た場合だと、三人ともなかなかだよね
ピョートルとルイ14世は、ペテルブルクやベルサイユを建設して遷都した事が共通するよね

80: 名無し 2013/09/22(日) 16:40:19.39 i
やっぱり、統治者として見た場合、康熙帝が一番の名君かな?と思う
中華思想の国で夷狄の皇帝なのに、国内の反対勢力を征伐して内政を安定させたうえでチベットやウイグルへの遠征も成功してるしね
廟号も夷狄の皇帝なのに聖祖になってるし
ピョートルやルイ14世の場合だと、本格的な国内統一とかはしてないしね
人種的にも親政時の状況は、ピョートルやルイ14世の方が康熙帝よりも恵まれてたと思う

ピョートルは、自らヨーロッパ視察に出かけてロシアの近代化の基礎を築いたのは、大帝の称号を受けただけの事はあると思う
北方戦争での版図を広げたのは、流石だけどシベリアまでは手が回ならかったんだよね
ロシアが、本格的な南下政策を始めたのは19世紀からだし

ルイ14世て、ベルサイユに宮廷を移して王権を強化したこと以外に、他にどんな業績があるの?

81: 名無し 2013/09/22(日) 23:58:43.44 0
>>80
斜陽とはいえスペインを敵国から友好国に作り変えたし
ドイツが三十年戦争から立ち直りまたフランスに圧力掛けてくる前に
機先を制して自国に有利な国際情勢作り出してるだろ

82: 名無し 2013/09/23(月) 12:18:57.75 0
でも、康熙帝・ピョートルと比べれば政治家としての功績は微妙だろ。
領土をすごく広げてるわけでもないし、フロンドの乱はマザランの功績だし。
なんつーかルイ14世は、あくまで典型的な例として高名なだけなんじゃないかな。

89: 名無し 2013/09/24(火) 12:42:17.81 0
>>82
いやフランス植民地帝国はルイ14世の時代に大拡大してるんで

90: 名無し 2013/09/24(火) 17:22:42.57 0
>>89
普通にルイ15世と勘違いしてた。ごめんごめん確かにその通りだな。
でも領土拡大しまくったせいで財政を逼迫させたのは事実だけどね。

92: 名無し 2013/09/24(火) 23:17:43.68 0
>>89
でも第二次百年戦争でイギリスに連敗しだすのも14世この辺りからなんだよな

93: 名無し 2013/09/25(水) 00:20:27.28 0
>>92
覇権国家に負け続けるのはフランスのお家芸だろ
カルロス1世の御世にはハプスブルク帝国にも散々ボコられたしな

それでもスペイン継承戦争までは相当頑張ってるし、欧州の外交で使われる言語がフランス語になったのもルイ14世の威光

94: 名無し 2013/09/25(水) 00:35:14.52 0
>>93
フランソワ「カ、カピチュレーションがあるし(震え声)」

83: 名無し 2013/09/23(月) 19:29:39.35 0
康熙帝は17世紀にもなって西洋文明の導入をしなかったからな。
同じ後進国君主でもピョートルと比べるとだいぶ落ちる。
ルイ14世も優れたイギリス自然科学や議会主義を導入してればポイント高かった。

88: 名無し 2013/09/24(火) 03:43:51.53 0
>>83
無茶言うなよ。
ロシアと明じゃ西欧との距離が全然違うから……。
大航海時代で世界の一体化が進んだとはいっても電信すらない時代。
この差は大きいと思うよ。
そして排外主義の華夷思想……最悪のコンボが重なってしまったのが不運だね。
でも、康熙帝の頃からしっかりと西洋技術の導入とか進めていたらどうなったかは気になるね。

91: 名無し 2013/09/24(火) 23:15:32.64 0
>>88
せめて日本みたいに蘭学やってればなあ

新着記事


-世界史総合
-

© 2021 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5