打線

日本史のロマンで打線組んだ

1: 名無し 21/01/11(月)20:42:35 ID:Tqb

(中)元寇
(遊)阿倍比羅夫と渡島
(三)松前藩領勘察加
(一)古代朝鮮半島の日本領土
(二)乾豆波斯達阿と吐火羅、舎衛国の女
(右)粛慎(みしはせ・あしはせ)
(左)蝦夷(えみし)
(捕)小笠原の欧米系島民
(投)大日本帝国の最大版図

※追記 2021/01/11 21:43:05
なお渡党、河豚計画、イースター島売却未遂事件、古代トカラ列島、中世奄美、東北アイヌ説はスタメン入りを惜しくも逃してしまいました

※追記 2021/01/11 21:48:06
あ、それと東南アジアの日本人町と日本人傭兵も・・・こうして見ると二軍打線も余裕で作れそうやね

8: 名無し 21/01/11(月)20:45:32 ID:Tqb
元寇
モンゴル帝国による日本への遠征であり初の日本列島に対する大々的な侵略行動
ヨーロッパまでその勢力を伸ばした蒙古軍と武士との戦いはロマンの塊

 

10: 名無し 21/01/11(月)20:46:55
元寇は神風の意味なかった説あるらしいな

 

13: 名無し 21/01/11(月)20:47:44 ID:Tqb
>>10
・神風
・武士の頑張り
・壁
・地形
この辺の複合要因やろうね

 

18: 名無し 21/01/11(月)20:49:24
>>13
あと、やっぱりモンゴル軍が海戦弱かった上に主力となるモンゴル人がほとんどいなかったのは大きいかと

 

24: 名無し 21/01/11(月)20:50:46 ID:Tqb
>>18
海戦はやっぱ苦手やったんやろうね

 

27: 名無し 21/01/11(月)20:51:22
>>18
海戦弱かった説なんてとっくに否定されとるぞ

 

30: 名無し 21/01/11(月)20:52:00
>>27
マ?
それならなんで勝てたんや?

 

36: 名無し 21/01/11(月)20:54:12
>>30
まず海を渡った遠征のもう1例にジャワ遠征ってのがあるけどあれ現地民に騙されて帰っただけだから海渡って戦った例が元寇しかない
というよりそもそも朝鮮人とか南宋人が主力なのに海戦が弱いってのは関係がない
弘安の役に関しては純粋に準備の差やろうね

 

186: 名無し 21/01/11(月)21:42:20
>>27
どうせ海戦で元軍が粘っても宇都宮貞綱率いる六波羅軍本隊が到着してどちらにせよ日本が勝利してた

 

19: 名無し 21/01/11(月)20:49:30 ID:Tqb
阿倍比羅夫と渡島
皇極天皇の時代、阿倍比羅夫は北方に進出し「渡島」という島で蝦夷や粛慎を多数服属させ、ヒグマを天皇に献上したという
この渡島が現在の北海道という説がある
つまり倭人は古代からすでに蝦夷地に足を踏み入れていたという事になる

 

21: 名無し 21/01/11(月)20:49:49
リリーフは
継体天皇
邪馬台国と大和で

 

24: 名無し 21/01/11(月)20:50:46 ID:Tqb
>>21
万世一系こそロマンやぞ?

 

23: 名無し 21/01/11(月)20:50:10
全体的にはほぼ同意
ただ(投)が一瞬過ぎてね

 

29: 名無し 21/01/11(月)20:51:32 ID:Tqb
>>23
まあ南洋までを最大版図としたら20年程はもったし多少はね?

 

25: 名無し 21/01/11(月)20:50:55
幕末は一歩間違えば未来変わりまくりのロマンやないんか?

 

26: 名無し 21/01/11(月)20:51:15
>>25
これわかる
妄想はかどる

 

28: 名無し 21/01/11(月)20:51:30
樺太と千島もめっちゃロマンあるよな?

 

31: 名無し 21/01/11(月)20:52:06 ID:Tqb
>>28
その辺は松前藩領勘察加と被ってくる話やね

 

37: 名無し 21/01/11(月)20:55:00 ID:Tqb
松前藩領勘察加
蝦夷地を領土とした松前藩はアイヌとの商取引によって「領地」を拡大させた
最盛期の松前藩の地図には北海道、北方領土はもちろん、樺太、千島列島、さらには「勘察加」としてカムチャッカ半島まで入っていた
ちなみにカムチャッカ南部までアイヌはいたらしいのでここまで商取引で松前藩が進出していた可能性は考えられなくもない

 

42: 名無し 21/01/11(月)20:59:33 ID:Tqb
古代朝鮮半島の日本領土
中国の朝貢図には新羅が時に倭に服属したと書かれている
日本書紀には朝鮮に出兵し服属させたこと、任那の領土を百済に割譲したことが書かれており、公開土王記には高句麗が朝鮮半島の倭の軍勢を退けたことが書かれている
魏志倭人伝には倭の「北岸」に狗邪韓国という国が記されておりこれも議論を呼んでいる
また朝鮮半島には前方後円墳があり日本でしか採れない翡翠も見つかっている
これらの証拠から古代日本が朝鮮半島に勢力を有した可能性は大いにある

 

46: 名無し 21/01/11(月)21:01:57
>>42
特に南部は今になって前方後円墳壊すくらいには影響を受けてたらしいねえ

 

50: 名無し 21/01/11(月)21:03:31 ID:Tqb
>>46
う~んこの

 

53: 名無し 21/01/11(月)21:05:22
>>42
広開土王碑の記述からほぼ確定なのでは…?

 

57: 名無し 21/01/11(月)21:07:06
>>53
例えば元寇やって「日本の元軍を撃退した」と書けるわけやろ?

 

61: 名無し 21/01/11(月)21:09:03 ID:Tqb
>>57
ちゃうねん
碑文には倭の軍勢が百済や新羅を支配したから高句麗が追い払ったとか倭の軍勢が高句麗に攻めてきたとか書かれてるねん
それも複数回や
元寇よりさらに古い時代に倭がそんな遠征を日本列島から何度もしたというのは考えづらいやろ?

 

58: 名無し 21/01/11(月)21:07:11 ID:Tqb
>>53
広開土王「碑」か
失礼
ワイは絶対あったと思ってる
倭王武が朝鮮半島の五地域と倭国合わせた六国の将軍に任命されてるしな

 

62: 名無し 21/01/11(月)21:09:15
船団率いてあの時代に半島渡れるほどの造船技術と航海技術あったんかは微妙

 

65: 名無し 21/01/11(月)21:11:03
>>62
日本⇔朝鮮半島なんて弥生時代ですら航海可能なレベルやろ…

 

64: 名無し 21/01/11(月)21:10:16
>>62
普通に目視航海で行ける距離なんやから余裕

 

67: 名無し 21/01/11(月)21:11:38
>>64
まぁそりゃそうなんやけど座礁したりとかして結局上陸そんなできなそうやなぁと

 

48: 名無し 21/01/11(月)21:03:14 ID:Tqb
乾豆波斯達阿と吐火羅、舎衛国の女
皇極天皇の時代、筑紫に吐火羅国の男女と舎衛国の女が漂着したとある
吐火羅は中国の歴史書に書かれている西方に国で舎衛国はインドにあった国
古代からすでにそういった国の人間が日本に来ていたことになる
なおそれに関する文章の中に乾豆波斯達阿と言う名前が出てくるがこれは一説にはペルシャやインドの国名と人名の複合語であるという

 

70: 名無し 21/01/11(月)21:12:11 ID:Tqb
粛慎(みしはせ・あしはせ)
蝦夷と共に北方の異民族として登場する
粛慎(しゅくしん)は中国の歴史書に出てくる異民族なのでこれと同じである説と北方のオホーツク文化人である説の二つがある
上に書いた阿倍比羅夫は北方に進出した際に粛慎と取引をしたり戦闘をしている
そもそも北方のオホーツク文化人と接触したこと自体がロマンだが史記には沈黙交易など粛慎の様子が活き活きと描かれておりもしオホーツク文化人であればその様子を移した貴重な資料でもある

 

84: 名無し 21/01/11(月)21:16:07 ID:Tqb
蝦夷(えみし)
古代日本に存在した異民族
東北や北陸に存在し平安時代まで日本の隣で生きていた
今は消えてしまった彼らも古代には時に反逆し時に恭順して活発に活動していた
また史記には日本の豪族貴族になった蝦夷や勲等を受けた蝦夷もいる
蝦夷が滅んだ今そういった歴史はとても興味深い

 

85: 名無し 21/01/11(月)21:16:44
>>84
アシタカがこの子孫なんやっけ?

 

87: 名無し 21/01/11(月)21:17:11 ID:Tqb
>>85
せやで

 

90: 名無し 21/01/11(月)21:17:40
蝦夷とかは異民族というか地方王権の一種なんやないかな思うけどなぁ

 

104: 名無し 21/01/11(月)21:22:34 ID:Tqb
>>90
これマジ?
それはそれで面白いなあ
地方王権が独自の文化を有してたってのも

 

116: 名無し 21/01/11(月)21:25:24
>>104
日本書記にでてくる妖怪とか動物も結局中国式に習ってやったことやから他の勢力の比喩なんやないかなと
東北のほうとか太平洋側は方言も地名も明らかに変なんあるし

 

119: 名無し 21/01/11(月)21:26:31 ID:Tqb
>>116
東北の独特な地名はアイヌ語由来説もあるわね

 

126: 名無し 21/01/11(月)21:28:26
>>119
アイヌのともなんか違うんよね
突厥とか女真が寒冷期に南下してきた説すこ

 

130: 名無し 21/01/11(月)21:29:50 ID:Tqb
>>126
これは面白いなあ

 

141: 名無し 21/01/11(月)21:31:59
>>130
久慈とか久留里とかK子音の地名が北方遊牧民に多いからってトンデモ説やけど変な地名たしかに多いんよなあ

 

93: 名無し 21/01/11(月)21:19:34 ID:Tqb
小笠原の欧米系島民
越懸澤諸島は日本の領有以前から欧米人などが入植し多数生活していた
その後、日本領になった後も彼らは住み続けたため、事実上日本領土に白人の先住民族がいることになった
また彼らの影響を受け小笠原は日本語に英語が混ざった独特の方言を有している

 

97: 名無し 21/01/11(月)21:21:13 ID:Tqb
>>93
越懸澤じゃなくて小笠原や

 

114: 名無し 21/01/11(月)21:24:37
>>93
これは面白そう

 

110: 名無し 21/01/11(月)21:24:09
有名やし古典で習うけどイソップ物語が戦国時代から日本で知られてたってのも面白い

 

115: 名無し 21/01/11(月)21:24:38 ID:Tqb
>>110
いそほ物語やっけ?

 

125: 名無し 21/01/11(月)21:27:59
>>115
せや、ちな宣教師が日本語の勉強用に作ったイソポ物語って言うのもある

 

129: 名無し 21/01/11(月)21:29:35 ID:Tqb
大日本帝国の最大版図
戦前日本は千島樺太交換条約で千島列島を日清戦争で台湾を、朝鮮動乱で朝鮮半島を、日露戦争で南樺太を、第一次世界大戦で南洋と関東租借地を獲得しアジアに大帝国を築いていた
ミクロネシアも韓国も台湾も今はロシアの北方地域も全部日本で日本人が暮らしてたと思うとロマンがある

 

131: 名無し 21/01/11(月)21:30:00
>>129
獲得やなくて委任統治や
期間限定かつ将来の独立が前提

 

135: 名無し 21/01/11(月)21:30:54 ID:Tqb
>>131
せやった
すまん
ロマン優先で書き方を選ばなくなると駄目やね

 

136: 名無し 21/01/11(月)21:30:57
北海道東北沖縄の民族が大河ドラマならないのなんでや
再現難しいんか?

 

140: 名無し 21/01/11(月)21:31:43
>>136
沖縄は琉球の風でやってるぞ

 

144: 名無し 21/01/11(月)21:32:16
>>140
はえ~あるんか
次は東北頼みたいわね

 

137: 名無し 21/01/11(月)21:31:07
任那て結局なんなん?
倭国の植民地か?

 

146: 名無し 21/01/11(月)21:33:20 ID:Tqb
>>137
人によっては百済再興会議の倭国代表団やった説から倭国が朝鮮半島に領土を持ってたせつまで幅広いな

 

180: 名無し 21/01/11(月)21:40:13
>>146
諸説あるんすね

 

143: 名無し 21/01/11(月)21:32:09
蝦夷は3番ライトくらいはあるやろ

 

157: 名無し 21/01/11(月)21:35:57 ID:Tqb
>>143
いや打線組んでみて後から見返したら北方民族に関する話題が多すぎたからクリーンナップから外したんや
まあそれだけ古代の北方は興味深いことだらけなんやが

 

164: 名無し 21/01/11(月)21:37:06
>>157
南方の方がもっとおもろいで律令制中世のころから漂着民は種子島あたりまで結構来とるし独自に交易したりもしとる

 

147: 名無し 21/01/11(月)21:33:45
日露戦争は?

 

151: 名無し 21/01/11(月)21:34:29 ID:Tqb
>>147
よく考えたらこれもあるな

 

163: 名無し 21/01/11(月)21:37:04
邪馬台国ないやんけ

 

166: 名無し 21/01/11(月)21:37:40
>>163
あんまりロマン感じないし…

 

179: 名無し 21/01/11(月)21:39:57

(中)土蜘蛛(つちぐも)
(遊)佐伯(さえき)
(三)國栖(くず)
(一)熊襲(くまそ)
(二)東山地方の原住民
(右)山窩(さんか)
(左)家船(えぶね)
(捕)南西諸島の原住民
(投)擦文人

先住民打線組んだやで~

 

181: 名無し 21/01/11(月)21:40:52 ID:Tqb
>>179
申し訳ないが都市伝説レベルの6番はNG

 

182: 名無し 21/01/11(月)21:41:16
>>179
さんかはジプシーちゃう?
むしろ出雲がいない

 

184: 名無し 21/01/11(月)21:41:55

>>182
(中)土蜘蛛(つちぐも)
(遊)佐伯(さえき)
(三)國栖(くず)
(一)熊襲(くまそ)
(二)東山地方の原住民
(右)出雲(いずも)
(左)家船(えぶね)
(捕)南西諸島の原住民
(投)擦文人

こうか

 

200: 名無し 21/01/11(月)21:45:35 ID:Tqb
>>184
國栖とかいうロマン
朝廷のお膝元の大和国に異民族(と認定された集団)がいるってほんま謎やわ

 

212: 名無し 21/01/11(月)21:50:21
>>200
まぁ風土記でも土蜘蛛が味方に出てくることあるし…
初期は異民族というよりちょっと遠い田舎の人みたいな感覚やったんやろ

 

218: 名無し 21/01/11(月)21:51:21 ID:Tqb
>>212
ああなるほど
そう考えると納得やね

 

229: 名無し 21/01/11(月)21:53:32
>>218
田舎=鄙=夷やからね
飛騨や信濃とかの地名もこっから来てるらしい

 

232: 名無し 21/01/11(月)21:54:09 ID:Tqb
>>229
はえ~

 

237: 名無し 21/01/11(月)21:55:49
>>232
まぁ地名の由来は一種の説やけどな
伊那とか恵那とかそういう地名その辺に多いらしいし

 

243: 名無し 21/01/11(月)21:57:15 ID:Tqb
>>237
それもまたワクワクするなあ

 

192: 名無し 21/01/11(月)21:43:31
今は一向に志士の出てこない幕末みたいなもんやね

 

194: 名無し 21/01/11(月)21:43:57
>>192
お前が令和の志士になるんだよ!

 

193: 名無し 21/01/11(月)21:43:54

日本の三国志
no title

no title

 

202: 名無し 21/01/11(月)21:46:33 ID:Tqb
>>193
琉球史もすこ
凄く面白いンゴねえ

 

208: 名無し 21/01/11(月)21:48:30
アメリカ選挙もここからは落ち着きそうやし歴史的なターニング
ポイントが近く起こるとしたら米中間で一悶着とかかねぇ

 

216: 名無し 21/01/11(月)21:50:51
>>208
コロナ経済不況からの移民ヘイトでEU各国ネオナチ政権化やぞ
ソースはポーランド

 

219: 名無し 21/01/11(月)21:51:28
>>216
ハンガリーも権威主義的になっとるらしいな

 

220: 名無し 21/01/11(月)21:51:35
no title

 

222: 名無し 21/01/11(月)21:51:58 ID:Tqb
>>220
これ大好き

 

224: 名無し 21/01/11(月)21:52:21
>>222
ええよな

 

234: 名無し 21/01/11(月)21:54:54
>>220
パリ万博に出展した武士(国際派)たちが欧州マダムたちとダンスして浮かれてたのに対して保守派がぶちギレたのほんと草なんだ

 

240: 名無し 21/01/11(月)21:56:25
なんか予想ではしばらく今後インドが伸びて覇権国になるらしいで

 

242: 名無し 21/01/11(月)21:57:14
>>240
既に軍事力もすごいしな
no title

 

247: 名無し 21/01/11(月)21:57:49 ID:Tqb
>>242
なんだろう
そうじゃないねん

 

304: 名無し 21/01/11(月)22:13:01
徳川埋蔵金と言う糸井重里のロマン

 

308: 名無し 21/01/11(月)22:13:54
>>304
結局あるんかないんか分からんかったな

 

59: 名無し 21/01/11(月)21:08:02

小野妹子「隋からの国書無くしました」
今の官僚「該当の書類は無くしました」

コレもヒノモトの伝統芸

 

63: 名無し 21/01/11(月)21:09:35
>>59
でも妹子は責任とってまた隋行ったからセーフ

 

66: 名無し 21/01/11(月)21:11:28
>>59
1回目の遣隋使日本側で抹消されてるの草

 

-打線
-

© 2021 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5