打線

人生ハードモードな歴史上の人物で打線組んだ

1: 名無し 2017/12/08(金)22:58:08
1 一 韓信
2 遊 ウォー・グエン・ザップ
3 二 木曽義仲
4 中 バイバルス
5 右 チンギスハン
6 三 毛利元就
7 左 バーブル
8 捕 源為朝
9 投 朱元璋

6: 名無し 2017/12/08(金)22:59:54
チンギスハンおじさんとかいうジェットコースターみたいな人生の大王

11: 名無し 2017/12/08(金)23:02:19
安徳天皇がいない

13: 名無し 2017/12/08(金)23:03:13
韓信
中国史上有名な軍師。学問がよくできたが幼い頃に母親が死亡。
その後は項羽に仕えるまで十数年間もの包食生活。
結局項羽に重用されなかったんで劉邦に鞍替えし、
大将軍から楚王にまで上り詰めたが、
疑心暗鬼に捕らわれた劉邦に職を落とされ、
反乱を起こそうとして捕まり、処刑さ!た。

39: 名無し 2017/12/09(土)10:08:26
>>13
処刑さ!た
↑これは草

42: 名無し 2017/12/09(土)10:09:53
>>39
すまん誤字った

43: 名無し 2017/12/09(土)10:10:24
>>42
ええんやで

19: 名無し 2017/12/08(金)23:07:23
ウォーグエンザップ
ベトナムの赤いナポレオン。
親父は炭鉱労働者だったが反政府運動で捕まり獄死。
一緒に捕まった姉も釈放後死亡。兄から学問を学び、育った。
その後学生運動に参加しまくったので5回ほど投獄された。
ちなみに正規の軍事教育は受けず、独学の将軍と称していた。
2013年に長寿を全うした

25: 名無し 2017/12/08(金)23:22:09
トロツキーは?

28: 名無し 2017/12/09(土)09:51:12
>>25
微妙やな。
スターリンに追放されるまでは順風満帆だからなぁ

26: 名無し 2017/12/09(土)09:50:32
木曽義仲
親父は源氏の内ゲバに敗北して戦死。
木曽に預けられて今井兼平や巴御前たちと育った。
その後、平家討伐に参加し、倶利伽羅峠で平家を打ち破る。
しかし上洛後、部下が街で略奪や乱暴を繰り返し、
義仲本人が命じてはいないのにも関わらず
ブチキレた上皇が討伐命令を出し、同じ源氏一族の義経と宇治川で戦うが敗北。
撤退途中の近江で沼田にはまり、動けなくなった所を討たれ、戦死した。

32: 名無し 2017/12/09(土)09:58:59
ウォーグエンザップはただの苦学生やろ
その後順調だし

34: 名無し 2017/12/09(土)10:02:38
>>32
そうか?インドシナ戦争の頃も結構やろ

36: 名無し 2017/12/09(土)10:04:08
>>34
そんな国災を苦労に入れるならもっと別の国あるやろ

37: 名無し 2017/12/09(土)10:05:11
>>36
しかしこの後もやな
ベトナム戦争
カンボジア戦争
中越戦争
と続くわけや

33: 名無し 2017/12/09(土)10:01:47
バイバルス
マルムーク朝の君主。
元々はバルト海近くの部族、キプチャクの出身だったが
14歳頃にモンゴルにキプチャクが滅ぼされ、自身も捕虜として連れさられる。
奴隷として様々な国をたらい回しされたのち、マルムーク朝に仕える。
その後、軍人として功を挙げ、当時の皇帝を暗殺し、皇帝に就く。
かつての仇敵であるモンゴルを打ち破り、
またフランスのルイ9世率いる十字軍にも勝利した。
しかし、戦勝記念の宴の途中、腹痛を訴え、突然亡くなった。
死因は毒殺とも言われている。

96: 名無し 2017/12/09(土)14:23:19
>>33
ちなみに奴隷時代片目に白内障を起こし、隻眼になった
にも関わらず戦場で功を挙げる凄さよ

35: 名無し 2017/12/09(土)10:03:50
モンゴルに勝たなければアラブ世界がヤバかった事考えると
サラディンと並び称されるのも納得

38: 名無し 2017/12/09(土)10:07:27
君主のほとんどが暗殺もしくは暗殺された可能性のあるマルムーク朝とか言う王朝

40: 名無し 2017/12/09(土)10:08:35
皇帝暗殺←わかる
自ら皇帝につく←えぇ…

41: 名無し 2017/12/09(土)10:09:32
>>40
皇帝を斬った奴が皇帝になれるんだったはず。

44: 名無し 2017/12/09(土)10:18:09
チンギスハン
初代モンゴル帝国皇帝。
親父は有力な武将で、12歳頃までは裕福な生活をしていたが
親父が毒を盛られて死亡。その後家臣がどんどん去って行き、
クッソ貧乏な生活を送ることになる。
ちなみにこの頃、狩った鷹を奪った義兄を殺害すると言う
恐ろしい事案を起こしている。

46: 名無し 2017/12/09(土)10:33:55
>>44
ファッ!?
そんな人生送ってたんか?
こいつも有名やから親子の後ついで順調に領土拡大しとったおもてたわ
つか親父毒殺なんやな

48: 名無し 2017/12/09(土)10:36:17
>>46
幼馴染と大人になってから決戦とかもしてたな

51: 名無し 2017/12/09(土)10:39:52
>>48
おまけに嫁さんを寝取られとる

57: 名無し 2017/12/09(土)10:56:55
>>51
えぐい

54: 名無し 2017/12/09(土)10:51:28
チンギスハン後半生
その後16歳の頃に捕まり、処刑されかけるが、逃走して九死に一生を得る。
その後モンゴルの族長になり、ナイマン、ケレイトを破る。
またイスラム系王朝ホラズムも滅ぼし、インドにも侵入したが、
西夏を攻撃中、落馬が原因の病気で死去。

53: 名無し 2017/12/09(土)10:41:43
あーもうめちゃくちゃだよ

58: 名無し 2017/12/09(土)11:09:02
毛利元就
安芸の戦国大名。先祖が大江広元で源平どちらでも無い珍しい武将。
幼少期はうつけ的なやんちゃな性格だった
元就が幼児の頃、親父が居城を追われ、母親が死去。
親父も10歳の頃にアル中で亡くし、重臣に裏切られ、
親父の隠居場であった多治猿掛城を追われてボロ家に住むことになった。
父の側室杉の大方に教育されて立派な青年に成長。
しかしその後も過酷な人生を送る事となる。

66: 名無し 2017/12/09(土)11:23:33
毛利元就後半生
その後兄と再会するが間も無く兄もアル中で死亡。
兄の幼い息子に仕えるが数年後に病死、
跡継ぎ争いで義弟を殺害し、ほぼ全ての肉親を失う。
それでも元就はめげずに大内や尼子と戦うが今度は妻を亡くし、
立ち直れなくなる。しぶしぶ側室を貰って立ち直った。
そしていよいよ運が回って来たわけで厳島の戦い、尼子を滅ぼすに至る。
しかし、最愛の息子隆元を亡くし、以後は(´・ω・`)状態の抜け殻兼老害になる。
1571年に当時としては長寿に当たる75歳で大往生した。

68: 名無し 2017/12/09(土)11:26:08
武田上杉北条←地盤があったし多少はね?

三好朝倉←なにやってだこいつら

長宗我部←まあまあ頑張ったわ

毛利←ようあんな場所であそこからあんだけ領地広げたわしゅごい

織田←???wwwWWW???????

70: 名無し 2017/12/09(土)11:30:50
>>68
長宗我部は判断ミスで抜け殻老害になってしまったんだよなぁ。
秀吉→ファ?
家康→ええやん

71: 名無し 2017/12/09(土)11:33:29
>>70
孫権「老害とか…恥ずかしくないんか?」

72: 名無し 2017/12/09(土)11:35:47
>>71
典型的老害さんオスオス

73: 名無し 2017/12/09(土)11:36:25
老害の語源は孫権まである

75: 名無し 2017/12/09(土)11:48:35
バーブル
ティムール朝の外戚。親父は鶏小屋の事故で死亡。
ティムール朝が滅んだので別の王朝を開く事を決意、インドに向かう。
その後圧倒的不利ながらも最新兵器の大砲を使いデリーを占領、
ムガル帝国初代皇帝に就く。
その後は隠居人生を送り、息子のフマユーンに戦争を任せていたが、
フマユーンが重病を患い、運ばれて来たため
神に息子の命を自分の命と引き換えに助ける様神に祈った。
その夜、図書館で足をぶつけ、その傷が元で死去した。

皮肉な事に息子のフマユーンも図書館の階段で頭を強打し死亡しており
二代連続で図書館で死亡、
バーブルの親父も入れると三代連続で事故死している事になる。

76: 名無し 2017/12/09(土)11:49:53
図書館は危険!

77: 名無し 2017/12/09(土)11:52:30
>>76
津川「ホンマそれ」

81: 名無し 2017/12/09(土)12:03:50
バーブルの自伝読むと故郷になんの愛着もなくて草生える
やっぱ草原民族のものの価値観は日本人や中国人とは違うわ

85: 名無し 2017/12/09(土)12:16:39
>>81
君主としても文人としても評価高いからな
ムガル帝国の皇帝の中では一番好感持てる

87: 名無し 2017/12/09(土)14:04:54
毛利輝元
厳しい一族の教育方針で殴る蹴るされながら育つも心の方が折れてしまい、
優秀な叔父たちの補佐無くして何もできない状況に追い込まれてしまう
叔父の死亡後やりたいようにやろうとしたら関ヶ原が起きてしまう

89: 名無し 2017/12/09(土)14:05:45
>>87
担ぎ上げられただけだやろ

92: 名無し 2017/12/09(土)14:09:09
>>89
関ヶ原に関しては自分から起こしたんやで
三成が挙兵してから総大将就任を決めたにしては
毛利輝元の動員と上洛までが早すぎるし

95: 名無し 2017/12/09(土)14:12:12
>>92
そんでもって親戚に助けてもらうんか…

97: 名無し 2017/12/09(土)14:28:55
>>95
叔父は関ヶ原のときにはもう死んどるで
吉川広家のことならあいつはほとんど役に立っとらんで

100: 名無し 2017/12/09(土)14:34:21
>>97
死んでるのは元春と隆景で生きてる叔父もおるで

元就は年取ってもハッスルしてたから、
輝元には年下の叔父もおるし・・・

102: 名無し 2017/12/09(土)14:35:28
>>100
助けてくれる親戚ってのが両川のことかと思ったんや

98: 名無し 2017/12/09(土)14:32:45
裏切り者打線組んだ
1 一 袁世凱
2 遊 ブルータス
3 二 ペタン
4 中 呂布
5 右 ユダ
6 三 ヴィルヘルム二世
7 左 津軽為信
8 捕 エリツィン
9 投 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

99: 名無し 2017/12/09(土)14:34:07
1番ファーストで草
ノムケンでもせんような打順だぞ

107: 名無し 2017/12/09(土)14:38:07
>>99
せやか?

110: 名無し 2017/12/09(土)14:39:03
>>107
ファーストは鈍足長距離砲のイメージやね

111: 名無し 2017/12/09(土)14:39:33
>>110
すまんね

114: 名無し 2017/12/09(土)14:40:30
>>111
ええんやで

104: 名無し 2017/12/09(土)14:36:10
内ヶ島氏理「わいやで」

106: 名無し 2017/12/09(土)14:37:51
>>104
裏切った直後に地震でグエーなんでセーフ

109: 名無し 2017/12/09(土)14:38:19
>>106
アウトなんだよなぁ・・・

105: 名無し 2017/12/09(土)14:37:25
新田義貞の息子も短命やったな

115: 名無し 2017/12/09(土)14:41:11
>>105
負けたがわの子供が長生きするのは難しいわね
石田三成の息子とか相当幸せなほうやな

116: 名無し 2017/12/09(土)14:41:37
>>115
氏真、劉禅「せやろか?」

117: 名無し 2017/12/09(土)14:41:48
>>115
石田三成の子供は百姓になって102歳まで生きてたんやで

119: 名無し 2017/12/09(土)14:42:32
>>117
はえ~すっごい
ただ武士の子供として恥に思うか生き延びて良かったと思うかやな

122: 名無し 2017/12/09(土)14:55:14
19世紀終盤まで一応植民地を持ち続けたスペイン
19世紀には没落した田舎の国になったポルトガル
どこで差がついたのか

124: 名無し 2017/12/09(土)14:57:21
20世紀にはポルトガルの方が植民地持ってたような

127: 名無し 2017/12/09(土)14:58:42
>>124
本国が終わってたからな

129: 名無し 2017/12/09(土)14:59:36
>>127
スペインも本国のゴミっぷりでは大差ないやろ
ポルトガルとの差はデカイか小さいくらいやないか

136: 名無し 2017/12/09(土)15:06:01
>>129
スペインは19世紀以降歴史にもちょくちょく登場してるやん
ポルトガルはファシズム出てきたくらいやろ

137: 名無し 2017/12/09(土)15:08:19
>>136
内戦やってたり外国にボコられたぐらいのイメージしかないな

139: 名無し 2017/12/09(土)15:09:20
>>137
まあそうなんやが

128: 名無し 2017/12/09(土)14:59:19
西軍の部隊を追い出して松尾山占拠しとるし
小早川を味方としてカウントしてる三成がどうかしてる説

135: 名無し 2017/12/09(土)15:02:53
>>128
その情報後世に元小早川家臣が書いた記録にしか載ってないらしいで

131: 名無し 2017/12/09(土)15:00:14
サラザールとかいうよくわからない独裁者
40過ぎまで田舎でふつうの教師してたおっさんが
軍事的背景も金もなしになんで独裁者になってるんだろう

132: 名無し 2017/12/09(土)15:00:52
>>131
晩年のエピソード聞いて、愛されてはいたんかなって

-打線
-

© 2021 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5