秦 項羽劉邦 漢

【前漢→新→後漢】 王莽 国民を騙して王朝を奪うも、インテリのくせに政策は悉く失敗し破綻 まるで…

1: 名無し 2010/06/02(水) 19:49:01.60 BE:102509322-PLT(12001) ポイント特典
漢王朝(前202年~)末期、王莽(おうもう)という男が大嘘(うそ)をついて人口の大半である農民の歓心を買い、一滴の血も流さず漢王朝政権を奪ってその名も新(しん)という王朝を建てた(西暦8年)。

 王莽はどんな男か。彼は名流出身の学校秀才。人柄も控えめでことばも丁寧。どこかの国の首相そっくりである。インテリぶってまずこれで庶民をだました。

 王莽のキャッチフレーズは「新」。政策は社会主義的で土地国有の下、農民に土地を与えると約束した。しかし失敗し、農民の土地所有の夢は消えた。王莽はさまざまな改革を試み、

「…を改め、…を易(か)え、…を変じ、…を殊(こと)にし、…を異(こと)にし…」と記録されているが、すべて失敗した。 
 官僚制の改造改名に至っては大混乱となる。民主党が今していることは王莽と同類。ともに机上の空論を実質化しようとして失敗というわけだ。 
 王莽は行き詰まり、人々の支持を失い、やがて反乱の中で新王朝は倒れる(22年)。王莽は斬殺されてさらし首になったが、彼の嘘だらけを憎んだ民衆は、その舌を切り取って食(くら)ったという。

 要するに、約束したのに守らない、嘘をつくということが問題なのである。
こういうとき、人はよく「信なくば立たず」(『論語』顔淵篇)を引くが、その意味はもっと深い。 

 兵(国防・治安)・食(生活・経済)・信の中で政権への信(支持)が最も重要だという意味なのである。たとい外国に侵略され極貧になったとしても、信頼できる政権担当者があれば亡国には至らないという意味だ。

 誠実そうな顔をして、実は私利私欲で皇帝の位にしがみつき、民衆には調子のいい嘘八百を並べて約束し実現できなかった王莽に対して、趙翼(ちょうよく)という文人(18世紀)は痛烈にこう批評した。 

 「今の〔人々の〕愚(ぐ)や、〔単純にただ〕詐かるのみ。〔王〕莽の如(ごと)きは、其の詐かるや、〔その内容自体が、ただ〕愚なるのみ」と。

6: 名無し 2010/06/02(水) 19:51:27.84
騙されるほうが悪いというのが中国らしいが・・・

7: 名無し 2010/06/02(水) 20:02:02.62
これは、後々ポッポ以前の自民政権が前自民、ポッポ以降の自民政権が後自民と呼ばれるようになるフラグだな。ってか王莽の新のくだりって結構面白いんだけど、知名度は異様に低そうだな。

11: 名無し 2010/06/02(水) 20:13:19.47
>>7
今の自民には劉糸寅、劉秀兄弟がいない。
劉玄ならいっぱいいるけど。

13: 名無し 2010/06/02(水) 20:40:47.98
>>11
平成の坂本龍馬みたいな如何わしいのは何人もいるのにな。
次の衆議院選までに光武帝が出てくるのかね…

21: 名無し 2010/06/02(水) 21:12:16.29
支配者の都合のいいように塗り替えるので有名な中国史だから、
王莽のこともどこまで本当やら。

23: 名無し 2010/06/02(水) 21:14:09.64
>>21
日本でも幕末関連の話とか相当歪められてるけどな

24: 名無し 2010/06/02(水) 21:19:33.54
>>23
でもその歪められていた事実を、後でちゃんと掘り起こして認めるじゃん。
中国さんはそういうのガチで弾圧するから。

26: 名無し 2010/06/02(水) 21:38:46.35
ここら辺の話も、女性化してアニメにして欲しい

28: 名無し 2010/06/02(水) 22:04:58.45
>>26
王莽は、理想主義者で夢見がちな天然系美少女なのか
あるいは一連の行為は全部人気取りのためのお芝居の腹黒系美少女なのか

34: 名無し 2010/06/03(木) 00:22:54.82
まあ、三国志はかなり定着したし
そろそろ三国志意外の時代もフューチャーされるべきかもな。

29: 名無し 2010/06/02(水) 22:09:13.20
儒教を妄信しすぎた
春秋戦国時代でも儒教よりの政策をしていた国は弱体化していったのに

33: 名無し 2010/06/02(水) 22:13:50.61
王莽ってぐぐろうとすると三番目に

王莽 鳩山

って出てくる さすがグーグル

35: 名無し 2010/06/03(木) 00:24:20.00
デノミしようとするあたりまんま王莽だよね

38: 名無し 2010/06/03(木) 00:29:03.59
次は中国史上トップクラスの名君な劉秀とチート閣僚だと期待していいんだな

39: 名無し 2010/06/03(木) 00:30:24.12
劉秀はトップクラスどころか、トップといっても過言ではないと思う

42: 名無し 2010/06/03(木) 00:34:45.34
>>39
トップは康熙帝だろ

51: 名無し 2010/06/03(木) 00:48:18.04
>>42
文字の獄は馬鹿にならないマイナスポイント

56: 名無し 2010/06/03(木) 00:56:13.65
>>42
光武帝、唐太宗、宋太祖、康熙帝、
ちょっと落ちて漢文帝、隋文帝あたるがトップクラスかな

まあ、好みによるからトップは過言だったわ

53: 名無し 2010/06/03(木) 00:53:05.86
趙匡胤もトップクラス

44: 名無し 2010/06/03(木) 00:37:55.26
まあポッポを王莽に例えるのはいいんだけど
劉秀がいなきゃ新は当分潰れなかったと思うんだが誰かいるの?

48: 名無し 2010/06/03(木) 00:45:43.46
>>44
王莽なんて放置してても勝手に死ぬレベルの糞じゃん
劉秀がいなくても別のそこそこ優秀な王族が後漢を建てるだけ
誰もいなけりゃ晋みたく内乱状態になって異民族王朝が出来てお終い

52: 名無し 2010/06/03(木) 00:52:23.26
>>48
まあ王莽が死ぬのはわかるが
劉秀がいなきゃ更始帝の世で後漢じゃないけどいいの?

57: 名無し 2010/06/03(木) 00:57:40.20
まあ普通、国を失ったラストエンペラーは後の王朝の史書では実際より悪く書かれるし、国を興したファーストエンペラーは実際以上に良く書かれるのが当然なんだけど、史書を調べてみると王莽自体は悪く書かれてるんだけど、通常あるべき民の声とか、童謡に仮託しての政治批判の類とかの一般庶民からの王莽批判ってのはとほんど無いんだよな。 

まあ内政どころか外交でも、儒教の蔑視的な呼び名で相手を激怒させたり、幼稚な失策を散々犯してるけどそこら辺は興味深い気がするな。

31: 名無し 2010/06/02(水) 22:11:20.43
ってことは、民主党政権を打倒して次の総理になる奴は光武帝役か。
日本始まったな。

62: 名無し 2010/06/03(木) 02:21:40.37
今の日本に劉秀はいません

-秦 項羽劉邦 漢
-

© 2021 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5