室町 戦国 江戸時代

戦国時代の合戦って勝敗決したら敗残兵ってどうなるの?

1: 名無し 19/06/06(木)09:34:35 ID:7e2
勝利した方に吸収されるん?
それとも現地解散?
朝鮮の役とかでそうなったらどうするんや?

2: 名無し 19/06/06(木)09:37:22 ID:7e2
何万人も動員するような合戦あったら
敗残兵だけで一個の町ができるやん

3: 名無し 19/06/06(木)09:37:58 ID:7e2
よっぽどじゃないと撫で切りとかはしないやろ?

4: 名無し 19/06/06(木)09:38:08
戦いによる

5: 名無し 19/06/06(木)09:39:28 ID:7e2
>>4
当時の慣習とかはないんか

6: 名無し 19/06/06(木)09:39:32
基本的に勝敗決した段階ではもう既に解散(逃げてる)やろ

7: 名無し 19/06/06(木)09:40:55 ID:7e2
>>6
遠征軍とかで遠くから来た奴らなら
現地で解散して逃げたら絶対地元帰れないやん
落ち武者狩りの餌食になりそう

12: 名無し 19/06/06(木)09:43:47
>>7
一介の兵は落ち武者狩りの餌食になるほど大したもん持ってないやろ

37: 名無し 19/06/06(木)09:59:12
>>7
島津の連中は普通に帰ってたぞ
捨てがまりの後に

38: 名無し 19/06/06(木)10:00:58 ID:7e2
>>37
300人が80人になってるやん

41: 名無し 19/06/06(木)10:03:48
>>38
勝敗決した後も戦ったからな
あと80は義久と一緒に帰った数
捨てがまりかましたけどなぜか生き残った兵士も
それとは別に帰還してるから総数はもう少し多い

44: 名無し 19/06/06(木)10:06:08 ID:7e2
>>41
捨てがまったあと自力で鹿児島まで帰るとかヤベーやつやんけ

45: 名無し 19/06/06(木)10:08:48
>>44
やばくない奴らは敵陣の一番分厚い所に向かって撤退なんかしない

110: 名無し 19/06/08(土)14:45:13
>>7
落ち武者狩りは今で言うと農家の山菜狩り、キノコ狩りみたいなもん。
現金収入でありレジャー、ライフワーク。
具足は身分が低かったり農兵だとしても貸し出し品を身につけている
武具も換金率がいい。具足や武具以外の持ち物もあれば略奪していい。
ちゃんとした武士の具足や武具はとてもいいお金になる。
ボーナスキャラみたいなもん。
しかも手負いで腹を減らして睡眠不足だったりするので
村の若いものは喜んで落ち武者狩り。
このシステムは農民こそ平和、いつも被害者というマルクス主義
転じて毛沢東主義が多かった昭和の教員が一切授業で語らなかったこと。
手塚治虫のマンガに出てくるいつも武士に酷い目に合わされる農民
のようなのが理想だったので語られない。
信長以前の武士なんてほぼ半農。一向宗なんてのもいたし
秀吉が刀狩をしたことからも、農民は戦闘力を持っていた。
民俗学なんてやればどれだけ農民が血気盛んだったかもわかる。
落ち武者狩りなんて当たり前。ちゃんと戦で捕らえられて
身代金になったほうがまだよかったかもな。

9: 名無し 19/06/06(木)09:42:20
おうちに帰るんじゃないか?

10: 名無し 19/06/06(木)09:42:40 ID:7e2
>>9
お家に帰してもらえるんか?

36: 名無し 19/06/06(木)09:56:44
>>10
まあ負け戦というても全滅するほどの負け方は滅多にないやろうし
ある程度は組織的に撤退できるんやない?

11: 名無し 19/06/06(木)09:43:39 ID:7e2
信長の野望脳のワイだとてっきり相手に吸収されるもんだと思ってたけど
それだとめっちゃ士気低くなりそう

15: 名無し 19/06/06(木)09:44:54
討ち取られたならそこで終了やろ
敗走なら追い討ちがあるんちゃう

18: 名無し 19/06/06(木)09:46:14 ID:7e2
>>15
だから終了したあとの扱いが知りたい
現地で軍隊解散して各自帰宅になるんか?

28: 名無し 19/06/06(木)09:49:37
>>18
武士ならそのまま大将と一緒に逝くか軍門に下るかやろ
農民なら逃げて国へ帰るやろ

16: 名無し 19/06/06(木)09:45:01 ID:7e2
ローマ軍とか十字軍とかは奴隷にされて売り飛ばされてたけど
そういうのは日本にはないやろ

23: 名無し 19/06/06(木)09:47:25
>>16
人さらいはおったぞ

22: 名無し 19/06/06(木)09:47:06
現地解散もあるし集団帰宅もあるやろ

26: 名無し 19/06/06(木)09:48:54
>>22
下校かよ

25: 名無し 19/06/06(木)09:47:31
おうちに帰るまでが合戦やぞ

27: 名無し 19/06/06(木)09:49:12
最初は兵農分離なんてされてなかったから
現地の農民が大半だったらしい
戦争が近づくと雑兵は農民から集って集めてた

29: 名無し 19/06/06(木)09:50:21 ID:7e2
>>27
それは知ってるけど
その徴収された農民たちが土地勘のない場所まで合戦に出かけて
終わったらどうやって帰って来るんやって
のが疑問なんや

30: 名無し 19/06/06(木)09:52:35
>>29
そら逃げてく武将についてくか、追剥になるかよ
死んでる武将見つけて首と鎧パクって小銭稼ぎするのもあり

戦国時代ともなればある程度道も整備されてるし

32: 名無し 19/06/06(木)09:53:58
ちょっと怪しい著者やけど手元にある「戦国軍事史への挑戦」っての読んだら
捕虜になるやつも投降するやつも敵軍の知り合いを頼っていくものもいたかも
って書いてあったわ
でも結論としてはよくわかってないとも書いてあった
そもそも戦闘に参加した人数とか死者数もよくわからんらしい

34: 名無し 19/06/06(木)09:56:00 ID:7e2
>>32
はえーその時々で色々なんかな

33: 名無し 19/06/06(木)09:55:07
戦国時代初期と後期では扱いが違うだろ。
初期では、
近隣で戦争してたから負けたら自国領民になるから大事に保護されたやろ。

後期では、
覇者(信長・秀吉・家康)の命令で遠方まで戦に出かけたから
落ち武者狩りなどもあった。

35: 名無し 19/06/06(木)09:56:32 ID:7e2
>>33
後期でも領地替えしたら自国民になるかもしれんやん

39: 名無し 19/06/06(木)10:01:33 ID:7e2
ってか関ヶ原の島津って300人だけで何しに来たんや

42: 名無し 19/06/06(木)10:04:48
>>39
島津
「だって本当は東軍に参加要請してたのに断られたから
 仕方なく西軍にいただけだもん」

43: 名無し 19/06/06(木)10:05:16
>>39
勝馬に乗った事実を作りに来た
実際には勝馬に乗れなかったが

46: 名無し 19/06/06(木)10:09:05
百姓「おっシャあああ! みんな武器を持て! 敗走兵を狩りまくれぇ!」
敗走兵「ひょえええぇぇぇ~!(全力)」

なお、桃山時代までいわゆる"農民"はいなかったもよう
誰やねん「戦国時代の悲惨な農民」イメージつけたやつ
そら生きるためにやから何でもやるわね
当然、敗残兵も襲ってるぞ

49: 名無し 19/06/06(木)10:10:38
>>46
敗残兵はおろか敗残軍事力すら襲うし
何なら勝ちそうな方の軍に加わって
負けそうな方ぶっ殺したり略奪したりもするぞ

50: 名無し 19/06/06(木)10:11:32 ID:7e2
>>46
専業農家はおらんかったってこと?
士農工商はっきりするのって江戸時代からやっけ

51: 名無し 19/06/06(木)10:12:53
学校の教育では身分制度があったと聞いたが実際は
僧侶も農民も商人も漁民も皆兼業よ
>>50
それ自体怪しいかも

52: 名無し 19/06/06(木)10:13:58 ID:7e2
>>51
厳密な身分制度はなかったってのが今の主流なんやっけ?

53: 名無し 19/06/06(木)10:15:42
>>52
せやな農民でも収穫が終われば内職して売り歩いてるし

47: 名無し 19/06/06(木)10:09:37
ちなみに当時の日本の人口1000万

48: 名無し 19/06/06(木)10:10:38 ID:7e2
>>47
それでもヨーロッパよりも多いくらいやろ

56: 名無し 19/06/06(木)10:17:27
というか当時の日本人って皇族と貴族と神社関係除いたら
後はみんな兼業兵士みたいなもんだろ

57: 名無し 19/06/06(木)10:20:31
>>56
その寺社関係の中に兵士が居たもんでね

61: 名無し 19/06/06(木)10:23:33
>>57
神社とは書いたが寺とは書いて無いやで
寺が兵力持ってたのは有名やし
神社関係は歩き巫女なんかはスパイ網の一翼だったりと
割とそこら辺のボーダーが無いのよな

65: 名無し 19/06/06(木)10:27:35
まだ東京や大阪や名古屋だからまだ専業制ができた
これが東北だと国人衆の家臣クラスでも農民や漁民も兼ねてるからな
>>61
ごめんなさいそうだな
修験者も旅芸人も実質あれだからな

63: 名無し 19/06/06(木)10:24:50
>>56
むしろ宗教関係は土地も銭も利権も持っとるから
下手な武家より専属兵士いっぱい雇っとるで
そのまま豪族化武家化しとるとこも多数や

75: 名無し 19/06/06(木)10:35:13
>>63
神社関係は商業との関わりが厚くて
普通に武士を金で使う関係のが多かったと記憶してるが

80: 名無し 19/06/06(木)10:42:42
>>75
普段から警備しとるいわゆる神人とかって専属兵士やろ
戦に参加しとる神社も当然しとるは
戦って負けてホモに取り込まれた諏訪湖ジンジャーとかな

83: 名無し 19/06/06(木)10:46:28
>>80
なんかバチカン市国の衛兵みたいで草

64: 名無し 19/06/06(木)10:26:05
>>56
ただし農兵は刀を持って戦うのでなく
農機具みたいなのを武器にして戦ってたみたいだぞ
敵兵をぶん殴って気絶させたり、殴り殺すような酷い武器

78: 名無し 19/06/06(木)10:38:39
>>64
土地と頭張ってる奴次第やで
とはいえ投石と竹槍でも必要十分なんやけどな
略奪した武器を使う奴も居るしそこら辺はケースバイケースや
ただ農閑期狙って組織立って他所の土地攻め込む奴らは
武装してるケースが多い感有る

81: 名無し 19/06/06(木)10:43:47
>>78
竹槍は戦闘飛行機落とせるんやぞ
強いんだぞ

84: 名無し 19/06/06(木)10:47:56
>>81
片足吹っ飛んでも飛行に問題ない兵士とか
敵の飛行場に降りて味方助けてまた飛び上がる兵士とか
一人でソ連軍数%減らす兵士とか居るし
竹槍で落とす奴居ても不思議ではない気がする

59: 名無し 19/06/06(木)10:21:03
戦国時代のいくさは、
大名が農民に兵役を課し、お金を出すと兵役を免れる仕組み
それで武装した農兵達を集めて、農閑期にいくさをするのが基本的な在り方
織田家は例外的に常備軍を持っていて
農閑期でも戦う事が出来た為、急拡大できた
ただし織田家の軍隊は他国との比較でかなり弱かったと言われてる

傷病兵に関しては、農兵は何とか帰村するんだろうが
足軽身分の連中は帰る場所などないから
その場に定住して落ち武者の集落ができる
関ヶ原の時もそんな感じで落ち武者の集落が出来てる

60: 名無し 19/06/06(木)10:22:45
農村から徴兵されて合戦行くやつって
だいたいいつもメンツが決まってんのよ

農村は働き盛りの真面目くんを取られたら困るから
普段から陽キャやウェイ系がぶらぶら遊んでんのを許しといて
徴兵来たら
「いままで遊んでたんやから分かるよなぁ?(威圧)」
で処分すんの

67: 名無し 19/06/06(木)10:29:50
>>60
落兵を治療して手伝わせて飯もやる

村人「うちの村から10人出さなイカンやで。分かるよね?」
元落兵「はい……」

村人に気に入られて婿入りでもせにゃ、まあ奴隷やな

62: 名無し 19/06/06(木)10:24:02
ちなみに兵役は郷士にも課せられていて
いくさに行きたくない場合には、金を払って免除して貰う事もあった
江戸時代まで郷士として続いた家系ですらそんな感じだった

68: 名無し 19/06/06(木)10:31:04
遠征での敗残兵の扱いで記録に残っとるのは戸次川の戦い
豊臣(四国連合軍&大友)vs島津で豊臣の敗北やが

長宗我部→大将がおる伊予火振島に敗残兵が集結
大友→大将のパッパ(宗麟)がおる臼杵城に敗残兵が収納される
仙石→大将が部下を置いて讃岐に逃げてしまったためどん詰まりの敗残兵を
   島津側が収納&外交カードとして使うため船で上方まで送り返してやった

こんな感じで結果が分かれた
もちろん落ち武者狩りに襲われた連中もたくさんおる

69: 名無し 19/06/06(木)10:31:28
武田の騎馬武者には信濃の農兵も混じってたんだが、
中馬輸送なんて言葉があるように、あの辺の農兵は馬に乗れた
それで足軽身分で騎乗して、騎馬武者として編成されて戦ってたりもする
もっともあれは落ち武者の集落で、元は武士だった家系の農兵だから、
ちょっと特殊なんだけどな

73: 名無し 19/06/06(木)10:34:56
伊賀忍者じゃないがほとんど敵味方とかないべ
金に雇われればどこへでも付くだろ

76: 名無し 19/06/06(木)10:36:11
>>73
それは浪人者とか戦闘集団みたいな連中でしょ

79: 名無し 19/06/06(木)10:41:15
>>76
そうかそうだな
織田さんも地元の宿無しや悪さする輩を徴集させたんだろ
そら強いは

77: 名無し 19/06/06(木)10:37:33
傭兵で有名な雑賀なんか四国でいくさがあるぞーってなったら
現地まで一緒に船で行って
じゃワイは三好方なんであっちワイは長宗我部なんでこっち
って分かれていくさが終わったらまた一緒の船で帰ってたで

85: 名無し 19/06/06(木)10:48:51
なんや古代中国や中世ヨーロッパの人権無視文化にそこそこビビってたんやけど
日本も昔は似たようなもんやんけ

88: 名無し 19/06/06(木)10:52:06
>>85
人権無視というか単に無法地帯だっただけかと
税の値段も反攻ちらつかせれば下がったりするし、
領地も戦争で決まる部分大きいし
そもそも武家による支配って
本来は暫定的な処置を拡大解釈して押し通してるだけだし

91: 名無し 19/06/06(木)10:53:27
>>85
戦国時代なんて滅茶苦茶だぞ
いくさに勝って城下に兵が流れ込めば
女を手籠めにするわ、民家から物を盗むわ(=強盗)
女を捕まえて遊郭に売ってお金に換金するわ
やりたい放題やってたよ
家に帰ったら母ちゃんがいない、家が焼かれて消えた
金目の物が全部無くなってるとか普通だし

87: 名無し 19/06/06(木)10:50:45
戦国時代の合戦って死者は一割もでないんやで

89: 名無し 19/06/06(木)10:53:01
>>87
そら農地だけ取って農民居なかったら困るの自分やしそらそうやろ

90: 名無し 19/06/06(木)10:53:24
戦国だろうが現代だろうが、数%死んだら国が傾くわね

93: 名無し 19/06/06(木)10:54:41
徳川5代目将軍からやっと法の下の生活が出来るとか
建国から1650年まで戦の連続とか辞めたくなりますよ

101: 名無し 19/06/06(木)11:01:42
>>93
でもその代わり天皇家さえ保持してれば革命的な変革させ放題やで

104: 名無し 19/06/06(木)11:03:31
>>101
そうなんだぁ
リベラルって平安時代から居たのかな

109: 名無し 19/06/06(木)11:10:48
>>104
右翼貴族
「ワイらがこの国を支えてるのはワイやー!
 少々犠牲が有っても仕方ないんや!」

リベラル貴族
「『貧窮問答歌』書き上げたろ!
 子を思い親を思うのは貴族貧民かわりなしやで~!」

94: 名無し 19/06/06(木)10:56:06
綱吉「そういう世の中を変えたくて生類憐みの令を出したんやで!」

95: 名無し 19/06/06(木)10:56:52
>>94
サンキュー犬公方

97: 名無し 19/06/06(木)10:59:45
>>95
なおその朱子学が今の日本の悪習の原因になった模様

96: 名無し 19/06/06(木)10:59:44
未だに戦争が耐えないが、そない憎しみあってどうするの

98: 名無し 19/06/06(木)11:00:07
>>96
戦争は経済活動の一環やぞ

100: 名無し 19/06/06(木)11:01:08
>>98
そうなのかならしゃーないやり続けなさい

99: 名無し 19/06/06(木)11:00:53
人権なる思想は相当高度なもんやで
民主投票を行っとる国家でも人権ないとこはいくらでもあるわね

人権を大事に思うなら
人権に頼るのもエエが自分が人権を支える意識を持つのもまた必要なんやで
ワイが今思い付いたんやが
人という字は互いに支えあい尊重し磨きあっているんやで

102: 名無し 19/06/06(木)11:02:03
>>99
ワイは「人」の左半分をやったるわ

-室町 戦国 江戸時代
-

© 2021 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5