鎌倉殿の13人

【鎌倉殿の13人】義時は時政を追放するけど吾妻鏡は時政の横暴を際立たされるために畠山を「武士の鑑」と持ち上げたと思う

2022年9月22日

262: 名無し 2022/09/19(月) 08:23:12.97
この後に義時は時政を追放するけど、後の時代に書かれた吾妻鏡は時政の横暴を際立たされるために畠山を「武士の鑑」とまで持ち上げたと思う

 

269: 名無し 2022/09/19(月) 08:40:36.84
>>262
畠山重忠の無実を理由に時政を非難した義時。でも、畠山家を復興するどころか重忠の遺児を謀反の容疑で処刑してて草も生えない。

 

279: 名無し 2022/09/19(月) 09:02:47.53
>>269
でも稲毛ってりくの娘が嫁いでるんだよね
頼朝が落馬する前に参加した橋の落成式ってその娘の供養で作られたものだし
畠山の従兄弟でありながら時政派になりうる存在でしょ

 

284: 名無し 2022/09/19(月) 09:07:36.59
>>279
義時「この際だから畠山、稲毛ら秩父一族みんな潰しちゃえ!」

 

287: 名無し 2022/09/19(月) 09:13:18.45
>>279
りくではなく前妻の娘

 

282: 名無し 2022/09/19(月) 09:05:41.09
>>269
あ、ごめん
勘違いしたかも
ドラマの中の配置だけで遺児?従兄弟の稲毛じゃなくて?って思ったんだ

 

286: 名無し 2022/09/19(月) 09:11:03.23

>>282
重忠の遺児ってコイツのことやで↓

畠山 重慶(はたけやま ちょうけい、生年未詳 - 建保元年(1213年)9月)は、鎌倉時代前期の僧。大夫阿闍梨重慶(たいふあじゃりちょうけい)。平姓畠山氏の一族。鎌倉幕府の御家人であった畠山重忠の末子。

父重忠と兄重秀・重保ら一族は、元久2年(1205年)の畠山重忠の乱で北条氏率いる幕府軍によって滅ぼされ、畠山氏の名跡は北条氏縁戚であった足利義純が継承し、平姓畠山氏は断絶した。

乱の8年後の建保元年(1213年)9月19日、日光山別当の法眼弁覚より、幕府に「故畠山重忠の末子である大夫阿闍梨重慶が、当山の麓に籠居して牢人を集め、また祈祷を行っており、謀反を企てている」という使者が送られる。将軍源実朝の御前に報告され、その場に祗候していた長沼宗政に重慶を生け捕るように命が出されると、宗政はその日のうちに郎党9名を連れて下野国に出発した。

7日後の26日、下野国から鎌倉に戻った宗政は重慶の首を斬って持参した。将軍実朝は「重忠は元々罪なくして誅殺された。その末子の法師がたとえ陰謀をめぐらしたとしても、何事があろうか。命に従い、まずその身を生け捕りにして陰謀の如何によって処分すべきであった」と述べて嘆き、宗政の出仕を止めた。それ伝え聞いた宗政は眼を怒らし「この件は叛逆の企てに疑い無し。生け捕って参れば、女等の申し出によって必ず許しの沙汰が有ると考え、首を梟した。今後このような事があれば、忠節を軽んじて誰が困ろうか」と述べたという。(wikiより)

また長沼さんがやらかす模様。
義時よ、重忠の友()なら長沼を止めろよw

 

289: 名無し 2022/09/19(月) 09:17:07.10
>>282
血統は全く無関係
室町畠山は足利一門で武名の高かった平氏畠山を仮冒しただけ

ニュース


264: 名無し 2022/09/19(月) 08:28:15.69
実際にはもっと絶望感みたいなのがあってそれでこそ散り際がかっこよくてなるのに、予算の関係なのか100vs30くらいにしか見えないのがな、視聴率低いせいかちょいちょい残念な感じがあるな

 

267: 名無し 2022/09/19(月) 08:33:55.82
>>264
あんまりやるとキングダムみたいになるからな
遠目にも北条と三浦が来たというだけで絶望感はあるだろ

 

270: 名無し 2022/09/19(月) 08:41:58.31
合戦はCGで人増やせんもんかな?
ゲースロやロードオブリングの合戦シーン見た後に大河見るとチープ過ぎて悲しくなる

 

364: 名無し 2022/09/19(月) 10:33:21.65
>>270
一年やって合戦が1つだけならできたかもな
人間ドラマがメインだしその挙げてるやつなんか演出効果盛り盛りでこの大河の合戦の方が実際の雰囲気に近いかもよ

 

273: 名無し 2022/09/19(月) 08:43:43.35
頼朝さん主催の富士山麓での巻狩は
そこそこスケール感でていたと思う

 

275: 名無し 2022/09/19(月) 08:55:11.27
何もずっと戦わせる必要もないし、太平洋戦争ものとかでのアメリカの軍艦がついにやってきた一瞬のシーンとかも当然CGだと思うけど、畠山がこれから行くぞって上から見渡した一瞬のシーンに見渡す限り人みたいなのはやっぱり欲しいわ
放送終わった後の由来の解説があるのならなおさら

 

276: 名無し 2022/09/19(月) 08:59:43.51
武士の接近戦と言えば柔術なのにスタンドでの下手くそなボクシングシーン見て
NHK にはまともな殺陣師がいないのか?と疑問に思った

 

310: 名無し 2022/09/19(月) 09:49:42.29

>>276
組み打ちはあったけれども柔術にまで昇華されるのはもっとあとの時代では

あと重忠は戦で小四郎を殺す気はなかったけれどもぶん殴らないと気が済まないってのはあったからボコったという流れかと
わざわざ泰時のところに行って義時を引き摺り出してたし

 

関連記事
この大河で「族滅」ってワードよく聞くけど、よく考えたら頭おかしくないか
第33回「修善寺」感想
梶原善は今作の善児役でさらに株上げたよな、お疲れ様
次にいなくなるのって畠山?それとも和田?
一幡はあんな場所に埋めたままでいいんか?仮にも源氏の血筋が
みんな善児ロスか!頼家ロスを嘆く民はおらんのか?
山本千尋は女優としてもっと売れていいと思う『太秦ライムライト』から応援している
大江広元も三善康信も京じゃ嫌な目に遭ってたんだろうな
梶原善、暗殺者・善児の人気に驚き!三谷幸喜「代表作にしろ」
善児が一幡様に人間の心をもらって少し迷いが生まれる流れは良かった

 

最新記事

© 2022 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5