良い話

【戦国いい話93】彦根城の人柱「お菊の覚悟と井伊直継の機転」、小田原の陣の赤鬼

2022年11月14日

568: 名無し 2008/11/18(火) 18:06:45

彦根城の人柱

慶長八年(1603)、家康の命により築城の始まった彦根城。工事は順調に進んだが、
天守の築造にいたってとたんに進捗が滞った。どうやっても上手く行かないのだ。
これに、工事関係者は「人柱を用いるべきではないか?」
と、ささやき始めた。この声は藩主、井伊直継にまで達したが、直継は

「人柱など立てても、工事が進むわけではない。人命を無駄にしてはならぬ。」

と、それを認めなかった。しかし、工事は遅々として進まない。
責任者の普請奉行は、深く悩んだ。自宅でも工事の事ばかり考えていた。どうすればこれを打開できるか…
父の悩む姿に、その娘、お菊が、思いつめた顔で言った

「父上様、私を人柱にしてください!」

唖然とする父、そして母。だがお菊は言う、「父上はいつもおっしゃっているではないですか、殿様がお困りの時は、命を捨ててご奉公しなければならない、と。」

「だが、それは…」

「今こそわたくしが、殿様のお役に立てるときではございませんか。そのために投げ出す命なら、本望でございます!」

娘に説得され、翌日普請奉行は直継にこれを進言した。
「なんと…」

直継はしばらく考え、言った
「お主の娘の忠心、感じ入った。このとおり、礼を申す。」

主君であるにもかかわらず、直継は普請奉行に深々と頭を下げた。お菊は、人柱となることになった。

数日後、白装束に着替えたお菊は、白木の箱に入り、埋められた。「殿様のお役に立ってまいります。」
それが最後の言葉だった。
普請奉行は、娘が埋められるところを見ることが出来なかったと言う。

お菊の埋められた数日後、天守は無事、天守代にすえられた。工事は成功した。

直継から、普請奉行の元に書状が届いた。お前達には、この工事の事で特に礼を言いたいので、内儀と一緒に屋敷に来て欲しい、と。
夫婦二人、御前にまかり出た。平伏していると、直継が入ってきた。「顔を上げよ」視線を上に上げると

「あっ!」

「父上様!母上様!」、お菊がいた。

「わしはな」仰天している普請奉行夫婦に、直継は言う「最初から、人柱などするつもりはなかったのじゃ。
だが工事の者達はもはや、人柱をしないと納得できないようであった。だからお主の娘を埋めると見せかけ、こっそり空の箱と取り替えたのだ。
みな、人柱があったと思い、おかげで工事は順調に進んだ。黙っていてすまなかった。礼を申す。」

普請奉行は涙を止める事ができず、ただただ体を震わせながら平伏していた、と言う。

ニュース


581: 名無し 2008/11/18(火) 22:54:54
>>568
父と弟の陰に隠れがちな印象がある人物ですがこんないい話があったんですね

 

569: 名無し 2008/11/18(火) 18:24:58
( ;∀;)ガチデイイハナシダナー

 

570: 名無し 2008/11/18(火) 18:31:26
なんというガチで良い話

 

571: 名無し 2008/11/18(火) 18:37:00
普通にいい話じゃねえか・・・流石井伊直政の息子。

 

574: 名無し 2008/11/18(火) 20:41:17
さすがは井伊の殿様じゃー!

 

603: 名無し 2008/11/19(水) 11:22:11

小田原の陣の赤鬼

小田原陣において徳川軍は、先陣を榊原康政と決めた。ところがこの時、いつも、先陣は是非自分に!
と言って来る井伊直政が、このときは何も言わず黙って受け入れている。

逆に不気味に思った家康、直政に確認してみた

「今回はおぬしが先陣ではないが、それでいいのだな?」
「ええ、もちろん!」

自信満々に直政は答えた

「つまり私は、小田原にわずかな人数でのこのこやってきた秀吉をぶっ殺す役目ですね!
その役目、喜んでやらせていただきます!」

家康、頭を抱えて「ちーがーうー。」

「え?秀吉殺さない…?

やっぱり、先陣がいいです!」

家康公も、色々気苦労が多いのだ。

 

610: 名無し 2008/11/19(水) 16:27:08
>>603の直政がひこにゃんで脳内再生されたw

 

604: 名無し 2008/11/19(水) 12:12:53
斜め上にやる気だしてたのかw

 

605: 名無し 2008/11/19(水) 12:15:24
初めて直政がかわいいと思えたwにしても先陣大好きだな~

 

【関連記事】

 

最新記事

© 2022 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5