五代十国 宋 元 明

結局のところ西太后と武則天は悪女なのか?

1: 名無し 2018/12/03(月) 21:36:57.08 0
結局のところこの2人って悪女なんだろうか?

2: 名無し 2018/12/06(木) 05:52:13.51 0
武則天は悪女とは言い切れないんじゃないか?
と思ったが皇帝としては無能ではなかったというだけで女としては悪かもな

3: 名無し 2018/12/08(土) 00:06:31.24 0
権力者としてはごく平均的な能力と実績。
これが悪女なら中国史は悪男であふれている。

4: 名無し 2018/12/16(日) 14:34:01.50 0
西太后はかつて悪く描かれ過ぎた反動で
最近のドラマではわりと好意的に扱われている

6: 名無し 2019/01/01(火) 01:18:15.42 0
呂皇后もよろしく

7: 名無し 2019/01/01(火) 18:25:27.77 0
>西太后
満州族じゃなかったって説もあるね。
そうだとすると、内心、清が滅びても別に構わなかったのかも。

9: 名無し 2019/01/04(金) 19:51:36.92 0
西太后とか定遠10艦分の巨額の費用をあろうことか庭造りに流用
黄海海戦の負けはどう見てもコイツのせいなのに腹いせに丁汝昌が身を挺して守った部下を殺害

晩年の「光緒新政」にしても散々迫害した康有為の丸パクリで西太后がいなかったらもっと早くすんなり施行されていたもの
それをすべて無視して美化したのがユン・チアンの「西太后秘録」ね

レアキャラの女君主だから評価が激アマなだけでもし男だったら糞ぼろに叩かれてた
こいつを名君扱いするなら霊帝、徽宗、万歴帝も名君認定すべき
それなりに功績もあるしな

14: 名無し 2019/01/07(月) 09:38:04.74 0
「明は万暦に滅ぶ」
>>9の脳内の「万歴帝」がどのような活躍をみせようとも、
現実の中国史の「万暦帝」には、国を滅亡コースに乗せた
という功績しかない。

16: 名無し 2019/01/07(月) 18:07:08.54 0
>>14
じゃあ国を滅亡コースに乗せた西太后やせっかく建国した周を一代で潰した武則天も同じ評価しないとね
少なくとも他人の足を引っ張ってばかりでいいとこなしの西太后よりよほどまし

18: 名無し 2019/01/07(月) 22:44:56.07 0
>>16
朝鮮に援兵を送るというのが、既にして取り返しのつかない戦略ミス。
小手先で何をしようとその一億分の一も損失を取り返せない。

10: 名無し 2019/01/04(金) 22:13:43.28 0
万歴帝の功績って何かあったっけ?

11: 名無し 2019/01/05(土) 00:09:21.04 0
朝鮮の役では日本を見くびる諸大臣たちを尻目に朝鮮に援軍を送ることを決断
結果的に日本側が半島に居座って明本土を脅かす事態は避けれた

また日本軍捕虜を釈免する代わりに明軍に編入して鳥銃戦術を導入
楊応龍の乱ではその鳥銃部隊が反乱軍を圧倒してる

12: 名無し 2019/01/07(月) 03:36:26.08 O
…それ本当に万暦帝が決めたの?

16: 名無し 2019/01/07(月) 18:07:08.54 0
>>12
敵軍の捕虜を自軍に登用とか皇帝の意向がないと出来るわけないだろ
これによって旧態依然としていた明軍の戦術がある程度改善されたのも事実
詳しくは吉川弘文館の「東アジアの兵器革命」を読んでどうぞ

19: 名無し 2019/01/07(月) 22:58:00.90 0
お前世界地図見てみろよ
中国と半島は黄海挟んで目と鼻の先だぞ
ここに陣取られると北方だけでなく東方沿岸の防備にも兵力割かないといけなくなって詰み

20: 名無し 2019/01/07(月) 23:32:19.57 0
>>19
君は歴史を少し知る必要がある。
秀吉が送った軍は補給線が弱く朝鮮半島を長く保つに足らない。
中朝の国境には不十分な補給状態で派遣軍の数分の一が辿り着くのみだろう。
半島に出兵するのではなく国境でこれを叩けばよいだけの事。

21: 名無し 2019/01/07(月) 23:53:45.76 0
歴史を知る必要があるのはそっちじゃね?
長く持たないならなぜ6年間も半島に居座られたのですかねぇ
撤退したのは秀吉が死んだからだし

倭城の周りには「市肆」つまり城下町まで築く始末で
半島南部を大陸侵攻の拠点にしようとする意図は明らかだったぞ

23: 名無し 2019/01/08(火) 07:01:30.88 0
>>21
明に攻め入る補給能力に欠けているから朝鮮に長居している。
明どころか朝鮮に居るだけで、秀吉の派遣軍は大量の餓死者を出しているしね。
そしてそれが戦意の低下となり秀吉が死が即撤退につながるわけ。

自分で書いていておかしいと思わないのかなあ。

24: 名無し 2019/01/09(水) 23:43:41.15 0
>>23
明に攻め入らなかったのはひとまず停戦調停を結んだから
餓死者が続出したのは文禄の役の話で補給が上手くいってなかったら常時数万の兵力を何年も半島に展開できたわけないだろ

22: 名無し 2019/01/08(火) 00:50:34.26 O
成程、そこで万暦帝が自ら采配を振るって日本の軍勢を蹴散らしたのですね。

24: 名無し 2019/01/09(水) 23:43:41.15 0
>>22
親征にあらずんば功績にあらず
だと武則天の高句麗攻略も本人の功績ではなかったこと扱いになるぞ

26: 名無し 2019/01/10(木) 07:44:40.83 0
>補文禄の役の話で補給が上手くいってなかったら
まったく学習能力がゼロというわけでないのね。
次は文禄・慶長いずれの兵站問題もマクロ的に見れば同じ構図という理解に進もう。

28: 名無し 2019/01/10(木) 19:52:59.77 0
>>26
だから慶長の役では兵站には何の問題も起こってないって
もし日本側が忠清道まで確保すれば明本土が射程距離に入るのは地図見ればすぐわかるよな
負けたくないという熱い意思は伝わってくるけど少しは調べてから書いてくれ

29: 名無し 2019/01/10(木) 22:43:56.21 0
>兵站には何の問題も起こってないって
無知とは恐ろしいものだな。朝鮮半島の南端にある蔚山城ですらろくな
兵糧備蓄がなく、敵に包囲されるとたちまち城兵は飢えている。
南でこれだから北に行くほど補給はおぼつかなくなり、中国に攻め入る
などまったくの絵空事でしかないのは、子供でも分かる話。

30: 名無し 2019/01/13(日) 09:44:25.98 0
武后:白村江の戦い
西太后:黄海海戦

まさに天と地の差

31: 名無し 2019/01/13(日) 20:26:33.20 0
西太后は八国連合軍が介入するきっかけを作って清国を分断されるという実績?もあるからな
中国史上でも五指に入る暗君だわな

32: 名無し 2019/01/14(月) 18:20:04.44 0
>>31
暗君?西太后は君主じゃないだろう。光緒帝を無視してやんなよ。

34: 名無し 2019/01/14(月) 21:07:15.88 0
>>32
「戊戌の政変」も知らんのか?
マジで義和団の乱のときの西太后の先見性のなさや手の平返しはほんと酷いぞ
李鴻章ら愚直な臣下に恵まれたおかげで命拾いしてるけどほんとならいつ寝首掻かれてもおかしくないレベル

33: 名無し 2019/01/14(月) 18:56:22.93 O
でも光緒帝の思うがままにやらせたら清が列強とまではならなくとも大国として存在し続けた可能性はある。 

36: 名無し 2019/01/15(火) 18:39:03.09 0
君主でもないのに僭越して専横を極め、亡国に導いた、
という意味で”暗君”ではなく、”悪女”、というのが相応しい。

38: 名無し 2019/01/15(火) 18:51:05.79 0
武照こと武則天は高宗政権で専横はしたがその後は正式に即位し、
外征では白村江で勝利し、高句麗を滅ぼし、内政でも宗族の反乱を鎮圧し、
農民反乱を封じている。
西太后と武則天を同じ「悪女」の範疇で評価するのは乱暴だと思う。

40: 名無し 2019/01/15(火) 22:05:32.15 0
煬帝や永楽帝とかああいうタイプを名君と考える人ならば武則天も名君と言えるだろう
手段や人格、民衆の犠牲を度外視してただ後世への影響のみを評価する基準ならばね

42: 名無し 2019/01/16(水) 00:42:36.04 0
武則天の時に大規模な農民反乱とか外敵との戦いで大敗とかしたっけ?
宗族の反乱は鎮圧したし、この反乱に農民は呼応しなかった。
契丹の侵攻も致命傷には至らなかったし。

43: 名無し 2019/01/22(火) 01:43:32.74 0
吐蕃に河西回廊を奪取される、新羅を手玉に取るつもりが逆に手玉にとられる
乞乞仲象と大祚栄の反乱軍を鎮圧できず遼東半島以外の高句麗の旧領をほとんど奪われるなどなど外征は割と失策続き
あと度重なる兵旅と洛陽の造営で班田制と府兵制の崩壊を招きのちの節度使の勃興の遠因ともなっている

44: 名無し 2019/01/23(水) 21:50:31.53 0
どうディスっても八か国連合軍に敗れて北京を追われた西太后よりはましだし、
高宗に政治を任せていたらもっとひどかっただろうし。

45: 名無し 2019/01/25(金) 23:50:34.57 0
>>44
国の正史において万暦帝が明の滅亡を決定づけたと記されている事実は
君がどうあがいても動かしようがない。
一方で西太后の評価はそこまでどん底ではない。

46: 名無し 2019/01/26(土) 13:44:41.88 0
武后が悪いとディスっても、その方向でいくとじゃぁ高宗が親政すれば良かった、
ということになるんだが、その辺までは言い切れないみたいだし。

-五代十国 宋 元 明
-

© 2021 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5