秦 項羽劉邦 漢

【項羽】前漢時代の英雄【劉邦】

1: 名無し 2006/10/24(火) 01:16:57 ID:S4L2WEFX0
中国前漢の建国の経緯~王莽の簒奪までの人物達!
建国の経緯
項羽と劉邦が激しい戦いの末、劉邦が前漢を建国

劉邦死後
皇后呂后と呂氏一族が権力を握り専横を奮ったが
呂后死後陳平や周勃などにより呂氏全滅

文帝・景帝時代
この二人の皇帝は文景の治と呼ばれるほどの治世を行う
7代目武帝時代
霍去病、衛青、李広利ら中国を代表する名将が匈奴討伐に。
さらに西域・南越・朝鮮なども征服、内政も充実し全盛期

宣帝時代
武帝が悪政をするようになり、
宣帝になってからも霍光が権力を握ったりするが宣帝の治世が光る

滅亡
しかしその後は暗愚な皇帝が続き
最後は外戚の王莽によって簒奪されて滅んだ

何年も続いた中国の王朝、その中には英雄達が大勢います!
彼らを語りましょう!!

2名無し 2006/10/24(火) 01:26:28 ID:rYha7Oy40

とりあえずは衛青 

東漢の対匈奴戦争の英雄

3名無し 2006/10/24(火) 02:12:01 ID:MrQnEw320
悲劇の英雄
李陵(?~前74) 
字は少卿。李当戸の子。李広の孫に当たる。若くして侍中・建章宮監となった。匈奴と度々戦って、騎都尉に登った。

李広利の下につくことを厭い、武帝に奏上して歩兵五千で別働隊を率いることとなった。匈奴の本軍に遭遇して善戦したが、ついに降伏した。李陵が匈奴の単于に漢軍に対抗する戦術を授けていると、誤って武帝に伝えられたため、武帝は李陵の家族を誅殺した。漢への帰参の道を絶たれたため、単于の女婿となって右校王に立てられ、匈奴で重用された。

昭帝の時代となり、霍光・ 上官桀らが任立政を遣わして、漢に帰参するよう求めたが、李陵は応じなかった。匈奴にいること二十余年で没した。

4名無し 2006/10/24(火) 10:12:03 ID:x/hU9IuZ0

霍去病(かく きょへい 紀元前140年 - 紀元前117年)

前漢の武帝時代の武将である。父は、霍仲孺。
異母弟は、大司馬大将軍になり、武帝後の政治を取り仕切った霍光。

衛青の姉、衛小児の子にあたり、同じく衛青の姉であり、霍去病の叔母にあたる衛子夫が武帝に寵愛されて戻太子を生んだことで皇后に立てられたため、親族にあたる霍去病も覚えが良く武帝に寵愛されていた。

騎射にすぐれており、18歳で衛青に従って匈奴征伐に赴いている。その後も何度も匈奴征伐に功績を挙げ、紀元前121年に驃騎将軍に、更に紀元前119年には匈奴の本拠地を撃破し、衛青と並んで大司馬とされた。大功と武帝の寵愛により権勢並ぶ物が無くなった霍去病だが、紀元前117年、わずか24歳で病死した。

霍去病と衛青は同時代に活躍し、血縁でもある事から良く比較される。衛青は少年時代に奴隷であった経験から人にへりくだり、常に下級兵士の事を考えていたと言われる。その一方で霍去病は物心付いた時には既に一族は外戚であり、叔父が匈奴討伐に大功を上げていた。その事から叔父とは対照的に傲慢であり、兵士が飢えている時に自分達は豪華なテントの下で宴会を開くような事をしていた。

しかし宮廷でも兵士の間でも霍去病のほうが人気が上であった。衛青はへりくだりが度を過ぎて媚を売るような所があったらしく、また霍去病の傲慢も頼もしい勇壮と見られていたようだ。武帝も自身の性格から積極果敢な霍去病をより好んでいた。

5名無し 2006/10/24(火) 10:48:52 ID:ls0BDsa60
飛将軍李広
7名無し 2006/10/24(火) 14:29:29 ID:RP1DHPdZ0
浅学ながら、前漢の人物なら張騫が好き。
あの時代に匈奴を超えて遠く離れた月氏に行こうなんて男らしいじゃないか。
9名無し 2006/10/24(火) 15:27:51 ID:WJXOjL0Z0
>>7
あの時代に、あれだけの行動力を見せた張騫は凄い。
13名無し 2006/10/24(火) 22:58:31 ID:sV4hr95NO
>>7
だよね! あの頃は今みたいに正確な地図もなかったろうし、
匈奴って言ったら昔から遺恨があった危険地帯だったんだから、 そこを越えて未開の、遠く離れた国の文化に触れた彼は本当に凄いと思う。 
私事になって申し訳ないんだけれど、
横山とKOEIの三国志から中華の歴史に興味を持った人間だから、
そんな時代に既に遠くまで旅した人が居たなんて
思うとアツい歴史の探求ロマンを感じるんだよ。

 

10名無し 2006/10/24(火) 16:57:24 ID:p6hSK/du0
大きく分けると、楚漢戦争時期の英雄と、
西漢の対匈奴戦争時期の英雄に分けることができるね。
11名無し 2006/10/24(火) 20:28:11 ID:6IO3YM3P0
衛青、霍去病が中心となるな
14名無し 2006/10/26(木) 08:59:22 ID:o3xkLot+0
李広可哀想
15名無し 2006/10/26(木) 09:19:00 ID:Dxm3QFEy0
前漢が建国してからの粛清の話はひどいね
16名無し 2006/10/26(木) 18:12:09 ID:V3dQq19u0
高祖の粛清は外様に限ったもので後の明太祖のと比べると
まだ優しい方だ。
17名無し 2006/10/27(金) 00:30:55 ID:X6f4Dp+60
朱元璋の粛清は徹底していたからね。
皇帝の絶対独裁権力確立のために、
皇族を除いて疑いのある者は殺し尽くした。 
だけど、残った皇族が仇にw

18名無し 2006/10/27(金) 00:37:30 ID:zyHwpQIs0
同じ腹から生まれても信用できないのは煬帝が示してくれたからな
まして叔父甥じゃ望むべくも無し
19名無し 2006/10/28(土) 10:04:47 ID:BavDBui30
周亜夫
若い頃から、父と同様に軍人として活躍し、
匈奴が漢の領域に侵攻してきた際には、文帝から、
一軍を率いてその防衛の一翼を担うように命じられる。 
それから間も無く、情勢が安定すると、文帝は国の守りに力を尽くしてくれた将兵を慰問したいと、各陣営を訪問・閲兵した。
どの陣営も和気藹々とした雰囲気で、文帝を迎えたが、

周亜夫の陣営のみが
「ここは戦陣なので、皇帝陛下にもそれなりの作法で閲兵して頂きたい。」
と言って、文帝にも陣中の作法を守らせて、
陣営内でも下馬をしたうえで通行させるほどであった。

後に、このことを知った、文帝の側近達は、
「なんと無礼なやつだ。」
と、周亜夫を非難したが

文帝は、
「あの男こそが、真の将軍たる人物だ。」
と、彼を褒め称えた。

死に際しては皇太子(後の景帝)に、
「もし大がかりな戦争が起こったならば、周亜夫を軍の総帥にして事態を解決しろ。」
と遺言したと言われる。

20名無し 2006/10/28(土) 13:17:54 ID:5ZA7Fjqp0
蕭何の後の丞相って陳平だっけ
21名無し 2006/10/28(土) 13:19:18 ID:I2ypOsM50
いや
確か曹参だよ
22名無し 2006/10/28(土) 13:19:50 ID:M7M267blO
曹参(相国)
23名無し 2006/10/28(土) 14:07:25 ID:NLoxtnrf0
楚漢に興味持ったんだけどさ
司馬遼太郎の「項羽と劉邦」読めばおk?
24名無し 2006/10/28(土) 14:08:23 ID:ZB/RNaZw0
横山のほうがいいよ
25名無し 2006/10/28(土) 14:11:38 ID:NLoxtnrf0
司馬のなら家にあるんだけどなぁ・・・。
26名無し 2006/10/28(土) 14:35:45 ID:KENND1UvO
個人的には司馬さんの方がオススメ
登場人物に個性があって面白い
28名無し 2006/10/28(土) 15:43:16 ID:yJ2x4z2C0
横山は劉邦に有利に描きすぎてて史実からだいぶ離れてる。
項羽も劉邦もあんまり魅力的な人物に描かれてないし。
29名無し 2006/10/28(土) 16:36:06 ID:J3WpbWcV0
基本は司馬遼太郎だろうな。
小説読むの面倒なら、今BSでドラマを放送している。
31名無し 2006/10/28(土) 17:36:07 ID:M7M267blO
司馬遼太郎は「劉邦の名前」などのヨタ話を鵜呑みにさえしなければ、
流れを知るためにもいい
もちろん小説として面白い
32名無し 2006/10/28(土) 17:51:31 ID:q28Qj66t0
司馬小説で最初に読んだのが項と劉だった
その次が歌人と竜馬がいく
37名無し 2006/10/29(日) 01:07:46 ID:7wwVhlbE0
文帝(劉恒)も英雄だろう
租税完全免除なんて羨ましすぎる
38名無し 2006/10/29(日) 01:12:33 ID:/C8v3riaO
細かい事だが免除は田租だけだな
人頭税や徭役や兵役はそのまま
39名無し 2006/10/29(日) 01:34:23 ID:7wwVhlbE0
あ、人頭税はそのままだったのか。
スマソ
41名無し 2006/10/29(日) 16:06:15 ID:Pf/hn7KC0
文帝は経済政策は散々だったけどな
42名無し 2006/10/29(日) 17:02:51 ID:/C8v3riaO
散々というほどかな?
貨幣問題のことを言っているのかもしれないが。 
まあ文帝、景帝の「垂拱の治」は
豪族による兼併を放置した側面などもあるから、
よく言われるような手放しの賞賛は妥当じゃないとは思うけどね。&nb
sp;

あと補足だが、
租の免除は田を捨てて末業に走った者や
豪族の庇護下に入った者を帰農させるための政策。
損して得取るみたいな感じ。

43名無し 2006/11/02(木) 20:52:46 ID:z5SLeeYr0
呂后は有能な政治家だったみたいだね
44名無し 2006/11/02(木) 20:57:13 ID:nrXcAcAA0
有能な権謀術数家であったが具体的に何かしらの政策をした訳じゃない。
まあ匈奴の挑発に乗らなかったのは賢明と言える。
46名無し 2006/11/02(木) 22:17:38 ID:aHEW/nXuO
皇帝の能力では
武帝、宣帝、哀帝が三強
名君かどうかとは別だけど
58名無し 2006/11/06(月) 21:47:33 ID:1fYhM/hGO
ネタ振りだけど、范増って本当に愚鈍な軍師だったのかな?
政策も戦略も統べてポシャッてたらしいが、
これは漢が勝ったから記述されたことではないだろうか?
62名無し 2006/11/07(火) 16:46:17 ID:LsJJvIj7O
>>58
主君があれではなア。
63名無し 2006/11/08(水) 16:58:44 ID:paAGZ4v9O
ただあの主君が曲がりなりにも王となったのは
范増の功績が大だったことの逆証とも言えるな。
歴史は勝者によって作られる。
だから、史実には范増が献策して成功したものが
只の一つも(ここが重要)残っていないのではないだろうか?

47名無し 2006/11/02(木) 23:08:07 ID:Mxq5a4G70
言っちゃ悪いけど張良が最高の人物だよ。
揚げ足のとりようがない。
誰にも疎まれないところと、中立的且つ公正で陰謀無しで登りつめ、
自分の成したことに責任と自信を持ち、満足できたところがすばらしい。 

48名無し 2006/11/03(金) 11:48:06 ID:qcYHtY3f0
張良って政治家としての才能はあったのかな
49名無し 2006/11/06(月) 14:59:32 ID:1fYhM/hGO
言っちゃ悪いけど張良も隠遁後は戴けないよ。
何故韓信や英布、ハンカイなどの功臣討伐を諫めなかったのかな。
他の事には手出ししといて。それをしなかったが為に謀反は続発した。
50名無し 2006/11/06(月) 15:20:49 ID:JiEmqUdw0
漢が長期政権だったのは
結果的に初期の荒治療というか静粛があったからだと思う 
日本史を例に挙げてごめんなさいだけど
足利尊氏は気前よすぎて外様が力をつけて後に応仁の乱とか起きたし
人は一代、御家は万代みたいな考えはあったかどうか分からないけど

51名無し 2006/11/06(月) 17:30:05 ID:mL2kAQAk0
戦争を勝利に導いたのは張良の功が大きいのかな?
劉邦の勢力を作り上げた点では蕭何の功が圧倒的だと思うが。
52名無し 2006/11/06(月) 18:08:33 ID:OcgIM3MR0
劉邦が匈奴討伐に出陣する際に張良は何らかの進言をしたのだろうか。
敗退するのが分かってて沈黙していたとしたらとんでもない奴だが。
53名無し 2006/11/06(月) 19:26:22 ID:1fYhM/hGO
張良は漢作った後は知らんぷりしてたらしい。この辺が責任感無いよね。
自分の理想を実現出来るような奴はいないと絶望して匙を投げたのか、
面倒だったのか。
この人は多分凄いインテリであらゆる意味で理想主義者だったんだろうな。
54名無し 2006/11/06(月) 19:47:41 ID:JiEmqUdw0
張良は項羽に韓王を殺されたから復讐として劉邦に手を貸してただけじゃないの
統一後の国家運営なんて興味なかったとか
55名無し 2006/11/06(月) 19:55:32 ID:1fYhM/hGO
そう考えると張良の好感度下がるよね。
なんだか利己的に人殺しに励んだ天才って感じ。
まぁ無私の役人などいないということか
56名無し 2006/11/06(月) 21:34:27 ID:OcgIM3MR0
韓王信が冒頓単于に帰順してしまい、
同じ韓の出身の張良は猜疑を受ける立場になってしまったのかもしれない。
57名無し 2006/11/06(月) 21:38:48 ID:9AjiD4XmO
そういう点では漢の社禝を守った陳平の方が張良より上かもね
70名無し 2006/12/02(土) 18:38:57 ID:JH761cSLO
陳平の人間の心理を巧みについた権謀術数と
高祖も政治家としての素質を見抜けなかった才能が好き。
60名無し 2006/11/07(火) 01:17:56 ID:kwp1zpVwO
功臣粛清の状況を考えたら下手に進言して手柄をたてたりして警戒されるより、
我関せずの方が賢いと思ふ。 
封地に留を自ら選んだ様に粛清されない為に気を使った張良…乙

61名無し 2006/11/07(火) 02:24:21 ID:Rr26z8E50
>>60
劉邦に3万戸やろうって言われたのを
「陛下と初めてお会いした留の町をいただければ十分です」
とやんわり断ったあたり、
大きな領地を持ったらいずれ警戒されるのを見通してた感じだな。 
実際、劉邦に仕えて以来、他人に警戒されたり嫌われたりした形跡が全くないもんな。
蕭何ですら功績第一位に推された時、前線で戦った武将たちの不満を買ってるのに。
他人に全く警戒されないってのは策士として超一流の証だ。

67名無し 2006/11/20(月) 22:46:34 ID:E48TbY9qO
老子の言葉に
「功遂げ身退くは、天の道なり。」
「足るを知れば辱められず、止るを知れば殆うからず。」
という言葉があるが
老荘の徒の張良は正にこれを実践したのである。 
また若い頃からの夢である仙人に本気でなろうとして
穀物断ちを行い心配させる事により呂后の猜疑の目をも躱している。
張良の一連の行動は始めから計画されていたのだ。

68名無し 2006/11/21(火) 02:22:33 ID:s34TCRik0

> 老子の言葉に「功遂げ身退くは、天の道なり。」「足るを知れば辱められず、止るを知れば殆うからず。」という言葉があるが 

そう考えると儒教は大変だよな。
死しても忠を、それよりも孝を果たせだからな。

71名無し 2006/12/04(月) 13:03:47 ID:dC0XunPP0
呂氏の一族から英雄らしい者は出なかったんだろうか?
72名無し 2006/12/05(火) 21:46:29 ID:rnG4/WcxO
項籍との戦争の時から呂族の名将を聞かないね。
あの頃を経験してないとなかなか武門を学ばせることは出来ないかも…。
73名無し 2007/01/02(火) 14:42:11 ID:O8SaJtfJ0
呂氏の一族ってのは武門として向いてない一族だったのかな
75名無し 2007/02/02(金) 10:23:17 ID:IZtifpwf0
呉楚七国の乱平定の最大の功臣
76名無し 2007/02/04(日) 23:11:06 ID:O61ywnvL0
霍氏は呂氏の失敗を検討しなかったのだろうか?
77名無し 2007/02/05(月) 02:09:17 ID:NazreWWMO
>>76
呂氏の時と違って諸侯王はロクなのがいないし、
大臣はあらかた自分の与党だし、敵はいないと思ったんだろうね 
まさかただの傀儡だと思ってた宣帝自身が最大の敵になった上、
張安世や魏相みたいな奴らまで(霍氏から見ると)
余計なことをするとは思わなかったんだろう

78名無し 2007/02/06(火) 13:07:32 ID:ru5o6rh90
劉邦登場以前って、劉という姓は珍しかったの?
80名無し 2007/02/28(水) 23:58:53 ID:VrroZAlQ0

劉<りゅう>【氏】 

①帝尭の子孫が名乗った。祁姓。
②晋の士会の子孫が秦に残って劉氏を名乗った。祁姓。(春秋)
③周の頃王の子が劉に封じられ、封地名をもって氏とした。姫姓。(春秋)
④その他にも劉氏があり、漢代以降さらに増える。

82名無し 2007/03/14(水) 23:01:26 ID:AfLa1Gt70
前漢末期で、確か劉姓の皇族が数万人に達していたんだよね。
83名無し 2007/04/09(月) 10:58:13 ID:pOag7Fkq0
劉秀にしても、田舎の豪族という感じだったでしょ。
84名無し 2007/04/09(月) 14:04:53 ID:0U9nnT6P0
陰麗華は美しかったのか
85名無し 2007/05/12(土) 12:14:31 ID:w8Tsxxw+0
そりゃあ、標準以上の美人だったと思われ。
客観的に見て絶世の美女だったかどうかは
疑問としても、
劉秀があれだけ寵愛したんだから、容姿も平均以上と思われる。
86名無し 2007/05/12(土) 19:17:00 ID:ILldww7z0
劉秀という人物像が、かなり庶民的な感じだから
麗華さんも絶世の美女という類ではなくて、かわいい感じだったと妄想する。
あまり笑わないそうなので、人によっては冷たいイメージを受けるかも。
87名無し 2007/06/04(月) 16:07:03 ID:xdpB2Y0N0
姓からして“陰”だから、あまり陽気なイメージは出て来ない。
88名無し 2007/07/19(木) 15:52:07 ID:CJ8DboaQ0
漢建国の功臣・蒙恬。
北伐に活躍した上、毛筆を
作ったという記録もあるのに……
霍去病や衛青よりマイナーとは(T_T)
89名無し 2007/07/19(木) 18:54:34 ID:WuhV5Je4O
漢じゃないですよ
90名無し 2007/07/19(木) 19:31:18 ID:ySY2jQpa0
>>88
蒙恬は秦の人ですよ。
毛筆なんか作ってないし。
間違いを堂々と書き込まないでくださいね。
91名無し 2007/07/19(木) 23:34:14 ID:mDlDkSMs0
>>90
作っていないというソースを。
でないとそっちが捏造を堂々と書き込むことになる。
94名無し 2007/07/20(金) 01:28:35 ID:Wl8auhMJ0
「作った事実がない」ことの証明は、
悪魔の証明であって無理を強いるもの。 
「蒙恬が毛筆を作った」と主張する側が、
作った事実を証明すべき。

95名無し 2007/07/20(金) 16:14:10 ID:BUd/KAb40
作っていない事実なら、以前から毛筆はあったことを
証明すればいい
93名無し 2007/07/20(金) 01:07:31 ID:cvHGxUDpO

毛筆くらい秦帝国以前の戦国時代からあったんじゃないの? 

戦国時代の竹簡の写真を見たことあるけど。

96名無し 2007/07/20(金) 22:19:10 ID:qhj4u1Do0
蔡倫の紙だってちょっと怪しいしな。
98名無し 2007/07/21(土) 21:57:22 ID:64vIxJMgO
>>96
蔡倫の紙は新規の発明じゃなくて、改良した物だったと陳舜臣が書いてたような・・・ 
つまり、性能を著しく向上させたってことになるのかな。

99名無し 2007/07/22(日) 00:53:20 ID:2oLykv/10
前漢代(だったと思う)の墓から崩れかけた紙が出土したことがあるらしい
でも、紙が爆発的に普及したのは蔡侯紙から
昔と比べて、製造費が安くなったのか耐久性が上がったのかは知らないけどね
100名無し 2007/07/22(日) 01:25:21 ID:r6/MZsRa0
「洛陽の紙価を貴からしむ」が西晋の話ということは、
当時は紙はいちおう普及してたが、需要が増えると
値段が高騰するぐらいには貴重品だった・・・ 
そうすると、漢代に紙が本当に普及してたかはちょっと分からなくなる
「洛陽の紙価」は比喩的表現なんだろうけど
しかしスレ違いだな

101名無し 2007/07/22(日) 02:29:12 ID:vzAZJLXt0
現代だって米やら野菜が不作なら高くなるし、
ガソリンなんて高くなっていやになるくらいだぜ
でも普及してるよ
102名無し 2007/07/22(日) 11:20:21 ID:RMo4BaF80
そりゃそうだが、紙は現代のように簡単に書き損じたり
鼻かんで捨てたりできるほどには普及してなかった、という意味ね
呉の朱然の墓から木簡は出てきたが紙はなかったはず
103名無し 2007/07/22(日) 11:44:24 ID:2F/fUuH70
秦の時代に、書きやすいように書くものを統一して、筆とよんだんでしょ
それが不遇の臣である蒙恬の功績になったという話
104名無し 2007/07/26(木) 12:47:35 ID:DB5o6prs0
秦に仕えた武将は不遇な死に方した人ばっかだね
105名無し 2007/07/26(木) 21:51:57 ID:EvwynN0Q0
章邯とかね。
106名無し 2007/07/30(月) 12:55:09 ID:vepYXGDj0
褒美ねだりで全うした王翦が光りますな

-秦 項羽劉邦 漢
-

© 2021 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5