世界史総合

三国志の英雄達が一つになっていた時の歴史の年表を完成させてください

1: 名無し 2005/11/23(水) 01:15:38

三国志の英雄達が全員手を結び、協力していた場合の世界の歴史の年表
を完成させてください。

大体210年くらいに三国志の英雄の誰かが中国を統一し、それからは
中国の外の世界に目を向けていたでしょう、
ロシアからヨーロッパに版図を広げ、日本にも攻めてくる。
西はイギリスまで占領し、東は日本まで領土は拡大することは確実。

※実在の人物はそのまま登場するものとする。
2世紀後半のディオクレチアヌス帝の台頭など、
もしくはディオクレチアヌス帝が三国志の英雄が作った国に臣従するなど。
現実の世界史年表では1300年頃のチンギス・ハンまで突出した武将は出てこないと
思われる、三国志のメンバVSチンギス・ハンのメンバなど

第一次世界大戦、第二次世界大戦の年表がだいぶ変わってくるもしくは世界大戦は起きない。

こちらもおすすめです


6: 名無し 2005/11/23(水) 01:25:29
西暦5年
未だに英雄産まれず

 

7: 名無し 2005/11/23(水) 01:55:04
西暦6年
まだ英雄産まれず

 

8: 名無し 2005/11/23(水) 02:09:27
そっからやるのかーw

 

18: 名無し 2005/11/23(水) 13:04:22
てか普通に世界を征服できたろ。あの当時、文化・技術・政治・人工・軍学が中華にならぶ所はない。

 

123: 名無し 2005/11/26(土) 12:25:07
>>18
なんでローマスルーすんの?
三国時代とローマじゃローマ帝国圧勝

 

21: 名無し 2005/11/23(水) 13:32:56
世界征服してくれてれば、今頃人種や言葉の障害がなかったのに

 

26: 名無し 2005/11/23(水) 14:18:05

【早期に中国に強固な体制が築かれ、五胡の侵入が阻まれた場合の中国】

江南開発が進まない → 人口が増えない、貴族文化が発展しない
仏教が広がらない → 文化的、宗教的な貧困
遊牧民の文化が入ってこない → 椅子の習慣など
隋・唐のような中央集権的、北朝王朝が興らない。
宋・明のような庶民文化が発展しない。 → 三国志演義も無し

 

30: 名無し 2005/11/23(水) 18:26:57
チンギス・ハーンの時も文献があんま残ってないだけで、
三国志の武将くらい、有能な武将揃ってたの?

 

32: 名無し 2005/11/23(水) 20:41:05
チンギス時代は、三国志の時のような戦時とはやっぱり求められる人材が違うゆえに、
いたとしても見いだされなかったろう。

 

34: 名無し 2005/11/23(水) 21:56:28

とりあえず紀元前の年表

B.C3000頃 エジプト、統一国家の形成
2000頃 古バビロニア王国
1800頃 ハムラビ法典制定
1500頃 殷王朝の成立
1050頃 周王朝による華北の統一
1000頃 バラモン教の成立 →インドのカースト制度
960頃 ソロモン王(~922)
776 ギリシアで第1回オリンピア競技
770 周の東遷 →東周時代(~403)
750頃 古代ローマが建国される
722 春秋の記述、この年から始まる
557 シャカ生まれる
551 孔子生まれる
451 十二表法成立

 

35: 名無し 2005/11/23(水) 21:57:25
450頃 ギリシア文化の全盛時代
431頃 仏教成立
403 戦国時代の開始(~221)
334 アレクサンドロス大王の東征
330 ペルシア帝国滅亡
264 第1回ポエニ戦争(~241)
247 始皇帝が即位(~210)
221 秦が中国を統一
218 第2回ポエニ戦争(~201)
202 前漢、成立
168 ピュトナの戦 ~マケドニア滅亡
149 第3回ポエニ戦争(~146)
136 五経博士をおく ~儒教の国教化
133 ティベリウス・グラックスの改革

 

36: 名無し 2005/11/23(水) 21:57:57
127 武帝が匈奴を攻撃
100? カエサル(~44)
97 司馬遷の『史記』なる
91 同盟市戦争(ソキイ戦争)~同盟市のローマ市民権要求
73 スパルタクスの反乱(~71)
60 第1回三頭政治~ポンペイウス、クラックス、カエサル
48 ポンペイウスがエジプトで暗殺される
44 カエサルが暗殺される
43 第2回三頭政治~オクタヴィアヌス、アントニウス、レピドゥス
31 アクティウムの海戦~オクタヴィアヌスがアントニウスとクレオパトラの連合軍を破る
30 クレオパトラが自殺、プトレマイオス朝滅亡
27 オクタヴィアヌスが元老院からアウグストゥスの尊称を受ける~ローマ帝政の開始
4頃 イエス・キリスト生まれる

 

37: 名無し 2005/11/24(木) 01:53:56
三国志と同時代の
ササン朝ペルシア成立がキーとなる!!

 

40: 名無し 2005/11/24(木) 03:41:11
当時の中国の外征といっても、
せいぜい後漢から独立した西域へ最出兵するか、
高句麗討伐あたりが関の山だと思われ。
三世紀の中国人に、現代人の地理感覚を当てはめる事に無理がある。

 

41: 名無し 2005/11/24(木) 03:55:52

三世紀つまり三国志の時代の移動距離はハンパじゃないよ
日本の戦国時代の移動距離と比べたら天と地の差で統一されていれば
高句麗だけじゃ済まないでしょう。
中国国内でごちゃごちゃ揉めてたから外勢力に目を向けることが出来なかったが、
統一されていれば間違いなくアジアは支配されている。

有能な武将が揃いすぎてたからこそ、統一できなかったという考えはどうかな?

 

43: 名無し 2005/11/24(木) 04:42:57
一軍団長である、張コウは、楚漢時代の韓信と称えられていましたし。
正直、三国時代は張コウクラスの人物はまだまだいました。
つまるところ、韓信クラスの人物、いやそれ以上の人物が大勢いたということです。

 

55: 名無し 2005/11/24(木) 10:00:00
>>43
韓信程度がいくらいてもしょーもないだろ
長駆遠征したいなら、それに適した人材が居なきゃダメ
李青や郭侃、永楽帝のようなね
だいだい、その“韓信”と呼ばれた張コウさんに、何が出来たの?
曹彬やパヤンのように国一つを、出来るかぎり血を流さずに攻略できた?せいぜい人さらいが限度でしょ?
トーガイとかの方が、三国志じゃ、よっぽど有能
乱世だから人材が綺羅星と主張する人は、チミ達が大好きな戦国時代の人間より、
南北朝時代の人間の方を評価してるってことでいいんだよね?
足利尊氏、北畠顕家、佐々木道誉、高師直>織田信長、上杉謙信、武田信玄、羽柴秀吉
と思ってる訳だ

 

56: 名無し 2005/11/24(木) 13:08:42

中国史上最高の名君と讃えられている、唐の太宗こと李世民ですら、
高句麗討伐に失敗した訳だが。
太宗の下には、隋末唐初の乱世を生き残った名将と軍師がぞろぞろいた訳だが。
唐が高句麗討伐に成功した時の人材は、むしろ唐初期より劣化してる訳だが。

駒さえ豊富にあれば、世界征服も可能などというのは、ゲームの中だけの話。

 

57: 名無し 2005/11/24(木) 13:27:28
太宗が中国史上最大の名君というにはおおいに疑問が残るがな
戦線だけなら徐勣らは勝利している。陸軍と水軍の連携が取れなかったことと
太宗の判断ミスが敗因だろう
あと、皇帝親征って、普通の戦争より行動や戦略に制限がかかるから
親征して失敗した中国皇帝って多いし

 

58: 名無し 2005/11/24(木) 13:52:58
乱世だから英雄が生まれるとか言ってる奴は家康とかを不当に陥れるんだろうな
戦国時代が続いた方が競争があるから技術が発展したとか
鎖国しないから西洋の技術が入ってきたんだとか
身分制度がゆるいから夢があったんだとか
勝手な妄想を立て、現実の江戸幕府時代を暗黒時代かのごとく言う人間と同じ匂いがするわ

 

65: 名無し 2005/11/24(木) 21:25:32

>>58
乱世とは誰かがどうにかするまで続くものなので、
つまりその誰か=英雄が生まれるのは至極当然なんだが。

ま、駒の話はおいといても、乱世が終結したとき、その国の軍事力が相当なものになるのは自然だろう。
戦国時代も秀吉の統一直後は、ヨーロッパのどの国よりも兵の動員力や鉄砲などの兵器の量があった。
三国志もしかり。平時からの対外戦争より、戦時を経験した連中が率いる、
これまた戦時を経験したような部下・兵士がいた方が強いに決まっている。
ただ、これを延々と続けると、伸びる技術なども確かにあるのだが、代わりに全然伸びない分野や技術、
何より国力の低下や民の不満を招きがちになってしまうので、ほどほどにすべきである。
が、チンギスハンの勢力にしろどんな勢力にしろ、どんなに上手く伸びてもいずれ必ず叩かれ、縮む運命。
世界史も日本史も、ほんと天から見たら壮大なコントだな

 

60: 名無し 2005/11/24(木) 18:21:09

>戦国時代が続いた方が競争があるから技術が発展したとか
>鎖国しないから西洋の技術が入ってきたんだとか
>身分制度がゆるいから夢があったんだとか

おいおいこれは一面では事実だろうが。
それと>現実の江戸幕府時代を暗黒時代かのごとく言う
と何の関係があるんだ。

 

61: 名無し 2005/11/24(木) 19:52:28

事実?妄想を事実にしないでくれ

農業技術が発展し、生産力が上がったのは江戸時代だぞ?
街道、海運の整備によって全国的にありとあらゆるものが広まった。江戸文化の流れが京都から江戸に移っていく過程でもそれが判るだろう
海外の学問を各地の俊才が咀嚼できたし、歩いて地図作るなんて戦国時代に出来ますか?

明治維新後、日本が物凄い早さで西欧の技術・文化を吸収し、日清・日露戦争を勝ち抜けたのは何故か?
それは日本人の基礎学力が高かったから。
安定した時代が寺子屋というシステムを作り出し、一般人においても、当時の世界レベルの中でも高い識字率を誇ってたからだ
そして鎖国によって日本の中で日本人としてのアイデンティティが確立されていたことも大きく起因している

身分制度においても、江戸時代と戦国時代とじゃ、戦国時代の方がゆるいという程度でしかない
秀吉の様な例が多発してる訳でもない。能力主義というが、それが農民レベルまで浸透してるなら、彼らは永遠に搾取され続けねばならないのか?戦国時代の農民は疲弊してるんだよ。休みが必要
だいたい、戦国時代だって各地で農兵分離が進んでたのに、戦国時代が続けは身分制度がゆるい?笑っちゃうね

そういった江戸時代の功績面を無視し、ありえなかった仮定をもって
その仮定未来を、江戸時代と比較する傾向が江戸時代暗黒派には多すぎるんだよ
自分達の妄想未来は実に都合がよく、悪害がまったく出てこないなんて、笑止

 

62: 名無し 2005/11/24(木) 20:04:51
おいおいその発展の土台は戦国時代の試行錯誤だろうが

 

63: 名無し 2005/11/24(木) 20:09:28
戦国時代が続いたら、試行錯誤のまま終わってた

 

64: 名無し 2005/11/24(木) 20:26:43
国は分裂が長ければ必ず統一され、統一が長ければ必ず分裂する

 

66: 名無し 2005/11/24(木) 21:40:35

>>64
だとすれば、長い統一の後の混乱を瞬時に収拾し、
分裂時代を作らなかった劉秀、朱元璋と彼らの愉快な仲間達こそ
最大に評価する必要があるんじゃね?

結論
劉秀、トウ禹、コウジュン、呉漢、フウ異 = 朱元璋、李善長、劉基、徐達、李文忠>三国志とかのカス武将

 

69: 名無し 2005/11/24(木) 21:49:08

三国志の英雄の誰かが中国を統一したとする。
匈奴と隣接する前線では戦闘態勢で前線から遠い所は、兵糧、兵などは
後方支援で供給しなければならないが、それ以外は平時と変わらない。
第二次世界大戦のアメリカのように内政、戦争も同時に行い、技術も伸ばせる。

>これを延々と続けると、伸びる技術なども確かにあるのだが、代わりに全然伸びない分野や技術
哲学、音楽、芸術などは伸びないかもしれないが、他の技術は伸びるだろう。

 

70: 名無し 2005/11/24(木) 21:57:29
補給兵站を随分簡単に言ってくれるじゃない?ゲームみたいにはいかねーよ
煬帝が作った運河は無いんだぜ?
また、三国時代を統一した場合、江南の開発が起きない
結果的に中国の国力は頭打ちになるな

 

71: 名無し 2005/11/24(木) 21:57:40

こうなる。

匈奴にけんかを売る、勝つ
鮮卑にけんかを売る、勝つ
高句麗遠征、成功
日本侵略、成功
太平洋横断失敗、全員シボウ

 

72: 名無し 2005/11/24(木) 22:01:03
だから外征するなら、中央アジアへ

 

75: 名無し 2005/11/24(木) 22:08:04

>>71
日本侵攻の時点で水没だろう
あるいは孫権の人狩りのように疫病

>>72
山と砂漠を越えなきゃなりませんが
高仙芝が出るまで王朝が続くといいな

 

74: 名無し 2005/11/24(木) 22:07:15
異民族対策が間に合えば
後々の鮮卑とかの台頭は押さえられるな。
隋唐まで回復しなかった国力も比較的早く回復できるだろう。

 

78: 名無し 2005/11/24(木) 22:11:22
>>74
でも隋唐における世界帝国指向こそ
異民族乱入による新しい中国の形だろうよ

 

95: 名無し 2005/11/25(金) 00:11:07
中国史上一番まともだった王朝は満州国だろ

 

105: 名無し 2005/11/25(金) 08:29:20
>>95
今の台湾が一番マシ

 

96: 名無し 2005/11/25(金) 00:26:35
否!魏

 

97: 名無し 2005/11/25(金) 00:28:57
どう考えても宋

 

98: 名無し 2005/11/25(金) 01:13:49
明だな

 

108: 名無し 2005/11/25(金) 12:32:42
中国統一したとしても、北方に匈奴とかいるからなぁ・・・
多分、この頃の中国では勝てないと思う。

 

110: 名無し 2005/11/25(金) 17:20:47
>>108
魏一国で北方の匈奴の侵入防いでるのに、なんで統一した中国が匈奴に
勝てないんですか?

 

111: 名無し 2005/11/25(金) 17:29:14

この頃は匈奴は南北に分裂して弱体化していたが、
代わって鮮卑が強くなり始めていた。

ちなみに全盛期の匈奴は、成立当初の前漢王朝を屈伏させている。
近代以前の遊牧民族をナメちゃいけない。

 

112: 名無し 2005/11/25(金) 17:48:42
防いでるっていうか、外交交渉の賜物でしょ?
匈奴の隆盛・独立は必然的流れの中にあり
それを中原に引き寄せたのが西晋の最大のミスな訳

 

113: 名無し 2005/11/25(金) 17:59:30
いや、匈奴はこの時期は弱いって。
統一の時期によっては鮮卑の台頭まで若干のタイムラグがある。
その間に軍事的にでも外向的にでもいいから
押さえ込むことができればどうにかなる。

 

114: 名無し 2005/11/25(金) 19:33:56
>>113
すぐ暴れだすのがオチ

 

115: 名無し 2005/11/25(金) 19:55:30
全くだ
押さえ込むんじゃなくて、呉が山越相手にやったような殲滅戦をやる必要がある
そんなことやったら、ようやく回復した国力が瞬く間に崩れ
暴動が起き、再び戦乱に入る

 

12: 名無し 2005/11/23(水) 03:23:00
三国時代ってそんなに人間の質が高いか?

 

15: 名無し 2005/11/23(水) 04:33:10
>>12
人類の有史以来、一番人材が豊富

 

39: 名無し 2005/11/24(木) 02:02:52
>>12
有能な人材が居たら、とっくに統一出来てたと思います
正直、三国志の連中は中国史代表にもキツイレベル
曹操、孫策、陸抗あたりか。戦術なら

 

126: 名無し 2005/11/26(土) 16:49:01

>>39
孫策とか陸コウってそんなに凄いの?

陸遜、周瑜、羊コ、杜預、トウガイとかはどうよ?

 

127: 名無し 2005/11/26(土) 17:28:41
陸抗は後期の人だからよく知らないってのは判るが
孫策の凄さは判らない?軍事的才能だけなら後漢末三国一
正に破竹の勢い

 

128: 名無し 2005/11/26(土) 17:34:09
>>127
結果領土をとった・戦争に勝ったではなく
戦術的に凄いかどうか、を訊きたい
もちろん戦術的に凄ければだいたい勝つわけだけど
孫策は相手にした奴らがパッとしないから「凄い」と言われて疑問に思っただけ
陸コウよりも戦地で民衆懐柔策を取ったり、
整然と成功させた呉侵略構想を練った羊コの方が凄いと思ったけど、
学問的に戦術的観点からみれば陸コウの方が凄いのかなぁ、
詳しい人の意見がききたいなぁと思っただけ

 

129: 名無し 2005/11/26(土) 17:43:26
>相手にした奴らがパッとしないから
そりゃ、負けたらパッとしない罠。奴らがヘタレなのか、孫策が凄いのかは水掛け論になるが
少なくとも劉ヨウは当時は周りから認められていた群雄なんだがな
陸抗は一言でいえば西陵、この一戦がもうネ申としか言いようのない戦いな訳で
歩センの反乱と羊コの進撃。孫呉は間違いなく亡国となる進軍を収集したんだから。一人で
民衆懐柔策や侵略構想は戦術ではなく戦略だし

 

132: 名無し 2005/11/27(日) 07:51:59
後漢末、三国時代最強メンバーってこうか?
皇帝 曹操
大将軍 孫策
羊コ、杜預、トウガイ、関羽 高順
参謀 カク
陳宮 田豊 郭嘉 程昱
地方長官 張コウ、諸葛格 張疑 張寮 楽進 陸こう 魏延 きょうい
宰相 旬イク
孔明 サイ 将椀
水軍 周喩
文ネイ 黄蓋
親衛隊 趙雲
近衛兵 キョウチョ

 

134: 名無し 2005/11/27(日) 09:23:47
>>132
細かいところに突っ込みを入れたい

 

135: 名無し 2005/11/27(日) 09:49:17
>>134
耐えてくれ

 

139: 名無し 2005/11/27(日) 11:25:01

ローマ帝国、パルティア王国ササン朝ペルシア帝国の面々

【カラカラ帝】(在位211年~217年)
【マクリヌス帝】(在位217年~218年)近衛隊長、カラカラを謀殺し皇帝となった男

【アルタバヌス5世】 
→カラカラ帝のローマ軍を大破したパルティア王
 224年にササン朝ペルシア帝国のアルデシール1世に討たれた。

【アルダシール1世】(241年崩御) 
→一貴族から大帝国の主となった覇王。
 ササン朝ペルシア帝国の初代皇帝となる。

【アレクサンデル・セウェルス】(在位208年~235年)
アルダシール1世の侵攻を食い止めた

【シャープール1世】(在位241~272年)
→ササン朝・第2代目皇帝
アルダシール1世の子。ローマ帝国、クシャーナ朝を攻撃し版図を拡大した。
内政、文化にも力をいれ、帝国の基礎を築く。(灌漑用の堤の整備、ギリシア、インド哲学、医学の保護など)

141: 名無し 2005/11/27(日) 11:30:07
弱体化のクシャーナ朝(中央アジア・北インド)は併合できたとしても、
全盛期ササン朝のアルダシール1世、シャープール1世親子には苦戦は必至。
まあそのあたりが限界だろうな。

 

最新記事

-世界史総合

© 2022 知識の城 群雄割拠 Powered by AFFINGER5